16.7. リソースアダプター接続のフラッシュ

以下の管理 CLI コマンドを使用して、リソースアダプターの接続をフラッシュします。

注記

管理対象ドメインでは、コマンドの前に /host=HOST_NAME/server=SERVER_NAME を追加する必要があります。

  • プールの接続をすべてフラッシュします。

    /subsystem=resource-adapters/resource-adapter=RESOURCE_ADAPTER/connection-definitions=CONNECTION_DEFINITION:flush-all-connection-in-pool
  • プールの接続をすべて正常にフラッシュします。

    /subsystem=resource-adapters/resource-adapter=RESOURCE_ADAPTER/connection-definitions=CONNECTION_DEFINITION:flush-gracefully-connection-in-pool

    サーバーは、接続がアイドル状態なるまで待ってから接続をフラッシュします。

  • プールのアイドル状態の接続をすべてフラッシュします。

    /subsystem=resource-adapters/resource-adapter=RESOURCE_ADAPTER/connection-definitions=CONNECTION_DEFINITION:flush-idle-connection-in-pool
  • プールの無効な接続をすべてフラッシュします。

    /subsystem=resource-adapters/resource-adapter=RESOURCE_ADAPTER/connection-definitions=CONNECTION_DEFINITION:flush-invalid-connection-in-pool

    サーバーは無効であると判断したすべての接続をフラッシュします。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。