12.14. エンリストメントトレース

XAResource インスタンスのエンリストメント中に発生するエラーを特定できるようにするために、エンリストメントトレースを記録することができます。エンリストメントトレースが有効である場合、必要時に正確なスタックトレースを作成できるように jca サブシステムはプール操作ごとに例外オブジェクトを作成しますが、これにはパフォーマンスのオーバーヘッドが発生します。

JBoss EAP 7.1 より、エンリストメントトレースはデフォルトで無効になっています。管理 CLI を使用してデータソースのエンリストメントトレースを有効にするには、enlistment-trace 属性を true に設定します。

非 XA データソースのエンリストメントトレースを有効にします。

data-source --name=DATASOURCE_NAME --enlistment-trace=true

XA データソースのエンリストメントトレースを有効にします。

xa-data-source --name=XA_DATASOURCE_NAME --enlistment-trace=true
警告

エンリストメントトレースを有効にするとパフォーマンスに影響することがあります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。