第13章 Agroal でのデータソース管理

13.1. Agroal データソースサブシステム

新しい datasources-agroal サブシステムが JBoss EAP 7.2 に導入されました。これは、Agroal プロジェクトによる、新しい高パフォーマンスな直接接続プールです。現在の JCA ベースの datasources サブシステムの代わりに使用することができます。

datasources-agroal サブシステムはデフォルトでは使用できません。 この新しい実装を 有効 にして使用する必要があります。

重要

datasources-agroal サブシステムはテクノロジープレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat は本番環境での使用は推奨しません。テクノロジープレビューの機能は、最新の技術をいち早く提供して、開発段階で機能のテストやフィードバックの収集を可能にするために提供されます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲については、Red Hat カスタマーポータルの「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。