A.17. ログハンドラーの属性

注記

これらの表は、管理モデルで使用される属性名を示しています (管理 CLI を使用している場合など)。XML で使用される名前は管理モデルの名前と異なる場合があるため、XML で使用される要素を EAP_HOME/docs/schema/jboss-as-logging_6_0.xsd のスキーマ定義ファイルで確認してください。

表A.31 Console ログハンドラーの属性

属性説明

autoflush

true に設定すると、ログメッセージは受信直後にハンドラー割り当てファイルに送信されます。

enabled

true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。

encoding

出力に使用する文字エンコーディングスキーム。

filter

簡単なフィルタータイプを定義します。filter-spec が導入されたため非推奨になりました。

filter-spec

フィルターを定義する式の値。式 not(match("WFLY.*") はパターンに一致しないフィルターを定義します。

formatter

このログハンドラーで使用するログフォーマッター。

level

ログハンドラーが記録するログメッセージの最低レベル。

name

ログハンドラーの名前。ハンドラーのアドレスに名前が含まれるため非推奨になりました。

named-formatter

ハンドラーで使用する定義されたフォーマッターの名前。

target

ログハンドラーの出力が送信されるシステム出力ストリーム。以下の 1 つになります。

  • System.err: ログハンドラーの出力はシステムエラーストリームに送信されます。
  • System.out: ログハンドラーの出力は標準出力ストリームに送信されます。
  • console: ログハンドラーの出力は java.io.PrintWriter クラスに送信されます。

表A.32 File ログハンドラーの属性

属性説明

append

true に設定された場合、このハンドラーが書き込んだすべてのメッセージがファイル (すでに存在する場合) に追加されます。false に設定された場合、アプリケーションサーバーが起動されるたびに、新しいファイルが作成されます。

autoflush

true に設定すると、ログメッセージは受信直後にハンドラー割り当てファイルに送信されます。

enabled

true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。

encoding

出力に使用する文字エンコーディングスキーム。

file

このログハンドラーの出力が書き込まれるファイルを表すオブジェクト。このオブジェクトには、relative-topath の 2 つの設定プロパティーが含まれます。

filter

簡単なフィルタータイプを定義します。filter-spec が導入されたため非推奨になりました。

filter-spec

フィルターを定義する式の値。式 not(match("WFLY.*") はパターンに一致しないフィルターを定義します。

formatter

このログハンドラーで使用するログフォーマッター。

level

ログハンドラーが記録するログメッセージの最低レベル。

name

ログハンドラーの名前。ハンドラーのアドレスに名前が含まれるため非推奨になりました。

named-formatter

ハンドラーで使用する定義されたフォーマッターの名前。

表A.33 Periodic ログハンドラーの属性

属性説明

append

true に設定された場合、このハンドラーが書き込んだすべてのメッセージがファイル (すでに存在する場合) に追加されます。false に設定された場合、アプリケーションサーバーが起動されるたびに、新しいファイルが作成されます。

autoflush

true に設定すると、ログメッセージは受信直後にハンドラー割り当てファイルに送信されます。

enabled

true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。

encoding

出力に使用する文字エンコーディングスキーム。

file

このログハンドラーの出力が書き込まれるファイルを表すオブジェクト。このオブジェクトには、relative-topath の 2 つの設定プロパティーが含まれます。

filter

簡単なフィルタータイプを定義します。filter-spec が導入されたため非推奨になりました。

filter-spec

フィルターを定義する式の値。式 not(match("WFLY.*") はパターンに一致しないフィルターを定義します。

formatter

このログハンドラーで使用するログフォーマッター。

level

ログハンドラーが記録するログメッセージの最低レベル。

name

ログハンドラーの名前。ハンドラーのアドレスに名前が含まれるため非推奨になりました。

named-formatter

ハンドラーで使用する定義されたフォーマッターの名前。

suffix

この文字列はローテーションログに追加される接尾辞に含まれます。suffix の書式は、ドット (.) の後に SimpleDateFormat クラスが解析できる日付の文字列を追加したものです。

表A.34 Size ログハンドラーの属性

属性説明

append

true に設定された場合、このハンドラーが書き込んだすべてのメッセージがファイル (すでに存在する場合) に追加されます。false に設定された場合、アプリケーションサーバーが起動されるたびに、新しいファイルが作成されます。

autoflush

true に設定すると、ログメッセージは受信直後にハンドラー割り当てファイルに送信されます。

enabled

true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。

encoding

出力に使用する文字エンコーディングスキーム。

file

このログハンドラーの出力が書き込まれるファイルを表すオブジェクト。このオブジェクトには、relative-topath の 2 つの設定プロパティーが含まれます。

filter

簡単なフィルタータイプを定義します。filter-spec が導入されたため非推奨になりました。

filter-spec

フィルターを定義する式の値。式 not(match("WFLY.*") はパターンに一致しないフィルターを定義します。

formatter

このログハンドラーで使用するログフォーマッター。

level

ログハンドラーが記録するログメッセージの最低レベル。

max-backup-index

保持するローテーションログの最大数。この数に達すると、古いログが再使用されます。デフォルト値は 1 です。

suffix 属性が使用された場合は、ローテーションログファイルの接尾辞がローテーションアルゴリズムに含まれます。ログファイルがローテーションされると、名前が name+suffix で始まる最も古いファイルが削除され、残りのローテーションログファイルの数値接尾辞が増分され、新しくローテーションされたログファイルに数値接尾辞 1 が提供されます。

name

ログハンドラーの名前。ハンドラーのアドレスに名前が含まれるため非推奨になりました。

named-formatter

ハンドラーで使用する定義されたフォーマッターの名前。

rotate-on-boot

true に設定されると、新しいログファイルがサーバーの起動時に作成されます。デフォルトは false です。

rotate-size

ログファイルがローテーションされる前に到達できる最大サイズです。数字に追加された単一の文字はサイズ単位を示します。バイトの場合は b、キロバイトの場合は k、メガバイトの場合は m、ギガバイトの場合は g になります。たとえば、50 メガバイトの場合は、50m になります。

suffix

この文字列はローテーションログに追加される接尾辞に含まれます。suffix の書式は、ドット (.) の後に SimpleDateFormat クラスが解析できる日付の文字列を追加したものです。

表A.35 Periodic Size ログハンドラーの属性

属性説明

append

true に設定された場合、このハンドラーが書き込んだすべてのメッセージがファイル (すでに存在する場合) に追加されます。false に設定された場合、アプリケーションサーバーが起動されるたびに、新しいファイルが作成されます。

autoflush

true に設定すると、ログメッセージは受信直後にハンドラー割り当てファイルに送信されます。

enabled

true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。

encoding

出力に使用する文字エンコーディングスキーム。

file

このログハンドラーの出力が書き込まれるファイルを表すオブジェクト。このオブジェクトには、relative-topath の 2 つの設定プロパティーが含まれます。

filter-spec

フィルターを定義する式の値。式 not(match("WFLY.*") はパターンに一致しないフィルターを定義します。

formatter

このログハンドラーで使用するログフォーマッター。

level

ログハンドラーが記録するログメッセージの最低レベル。

max-backup-index

保持するローテーションログの最大数。この数に達すると、古いログが再使用されます。デフォルト値は 1 です。

suffix 属性が使用された場合は、ローテーションログファイルの接尾辞がローテーションアルゴリズムに含まれます。ログファイルがローテーションされると、名前が name+suffix で始まる最も古いファイルが削除され、残りのローテーションログファイルの数値接尾辞が増分され、新しくローテーションされたログファイルに数値接尾辞 1 が提供されます。

name

ログハンドラーの名前。ハンドラーのアドレスに名前が含まれるため非推奨になりました。

named-formatter

ハンドラーで使用する定義されたフォーマッターの名前。

rotate-on-boot

true に設定されると、新しいログファイルがサーバーの起動時に作成されます。デフォルトは false です。

rotate-size

ログファイルがローテーションされる前に到達できる最大サイズです。数字に追加された単一の文字はサイズ単位を示します。バイトの場合は b、キロバイトの場合は k、メガバイトの場合は m、ギガバイトの場合は g になります。たとえば、50 メガバイトの場合は、50m になります。

suffix

この文字列はローテーションログに追加される接尾辞に含まれます。suffix の書式は、ドット (.) の後に SimpleDateFormat クラスが解析できる日付の文字列を追加したものです。

表A.36 syslog ハンドラーの属性

属性説明

app-name

メッセージを RFC5424 形式でフォーマットするときに使用されるアプリケーション名。デフォルトのアプリケーション名は java です。

enabled

true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。

facility

RFC-5424 および RFC-3164 によって定義される機能。

hostname

メッセージ送信元のホストの名前。たとえば、アプリケーションサーバーが実行されているホストの名前になります。

level

ログハンドラーが記録するログメッセージの最低レベル。

port

syslog サーバーがリッスンしているポート。

server-address

syslog サーバーのアドレス。

syslog-format

RFC 仕様にしたがってログメッセージをフォーマットします。

named-formatter

syslog ペイロードのメッセージをフォーマットします。この属性を使用すると、必要に応じてメッセージをカスタマイズできます。

表A.37 Socket ログハンドラーの属性

属性説明

autoflush

毎回書き込み後に自動的にフラッシュを行うかどうか。

block-on-reconnect

true に設定すると、再接続の試行時に書き込みメソッドがブロックされます。非同期ハンドラーの使用時のみ true に設定することが推奨されます。

enabled

true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。

encoding

このハンドラーによって使用される文字エンコーディング。

filter-spec

フィルターを定義する式の値。式 not(match("WFLY.*") はパターンに一致しないフィルターを定義します。

level

ログハンドラーが記録するログメッセージの最低レベル。

named-formatter

ハンドラーで使用する定義されたフォーマッターの名前。

outbound-socket-binding-ref

ソケット接続のアウトバウンドソケットバインディングへの参照。

protocol

ソケットが通信すべきプロトコル。使用できる値は TCPUDP、および SSL_TCP です。

ssl-context

定義された SSL コンテキストへの参照。これは、protocolSSL_TCP に設定された場合のみ使用されます。

表A.38 Custom ログハンドラーの属性

属性説明

class

使用されるロギングハンドラークラス。

enabled

true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。

encoding

出力に使用する文字エンコーディングスキーム。

filter

簡単なフィルタータイプを定義します。filter-spec が導入されたため非推奨になりました。

filter-spec

フィルターを定義する式の値。式 not(match("WFLY.*") はパターンに一致しないフィルターを定義します。

formatter

このログハンドラーで使用するログフォーマッター。

level

ログハンドラーが記録するログメッセージの最低レベル。

module

ロギングハンドラーが依存するモジュール。

name

ログハンドラーの名前。ハンドラーのアドレスに名前が含まれるため非推奨になりました。

named-formatter

ハンドラーで使用する定義されたフォーマッターの名前。

properties

ロギングハンドラーに使用されるプロパティー。

表A.39 Async ログハンドラーの属性

属性説明

enabled

true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。

filter

簡単なフィルタータイプを定義します。filter-spec が導入されたため非推奨になりました。

filter-spec

フィルターを定義する式の値。式 not(match("WFLY.*") はパターンに一致しないフィルターを定義します。

level

ログハンドラーが記録するログメッセージの最低レベル。

name

ログハンドラーの名前。ハンドラーのアドレスに名前が含まれるため非推奨になりました。

overflow-action

キューの長さを超えたときにこのハンドラーがどのように応答するかを示します。これは BLOCK または DISCARD に設定できます。BLOCK により、キューでスペースが利用可能になるまでロギングアプリケーションが待機します。これは、非同期でないログハンドラーと同じ動作です。DISCARD により、ロギングアプリケーションは動作し続けますが、ログメッセージは削除されます。

queue-length

サブハンドラーが応答するときに、このハンドラーが保持するログメッセージの最大数。

subhandlers

この async ハンドラーがログメッセージを渡すログハンドラーの一覧。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。