A.8. ソケットバインディング属性

注記

これらの表は、管理モデルで使用される属性名を示しています (管理 CLI を使用している場合など)。XML で使用される名前は管理モデルの名前と異なる場合があるため、XML で使用される要素を EAP_HOME/docs/schema/wildfly-config_5_0.xsd のスキーマ定義ファイルで確認してください。

以下の表は、3 種類のソケットバインディングそれぞれに設定できる属性を表しています。

表A.12 インバウンドソケットバインディング (socket-binding) の属性

属性説明

client-mappings

このソケットバインディングのクライアントマッピングを指定します。このソケットへ接続するクライアントは、希望のアウトバウンドインターフェースと一致するマッピングに指定された宛先アドレスを使用する必要があります。これにより、ネットワークアドレスの変換を使用する高度なネットワークトポロジーまたは複数のネットワークインターフェースにバインディングを持つ高度なネットワークトポロジーが機能します。各マッピングは宣言された順序で評価される必要があり、最初に一致したマッピングを使用して宛先が決定されます。

fixed-port

ソケットグループの他のソケットに数値のオフセットが適用された場合でもポートの値を固定したままにするかどうか。

interface

ソケットがバインドされる必要があるインターネットの名前、またはマルチキャストソケットの場合はリッスンするインターフェース。宣言されたインターフェースの 1 つである必要があります。定義されないと、エンクロージングソケットバインディンググループからの default-interface の値が使用されます。

multicast-address

ソケットがマルチキャストトラフィックを受信するマルチキャストアドレス。指定しないと、ソケットがマルチキャストを受信するよう設定されません。

multicast-port

ソケットがマルチキャストトラフィックを受信するポート。multicast-address が設定されている場合はこれも設定する必要があります。

name

ソケットの名前。ソケット設定情報にアクセスする必要があるサービスは、この名前を使用してソケット設定情報を探します。必須の属性です。

port

ソケットがバインドされる必要があるポートの番号。サーバーによってポートオフセットが適用され、ポートの値がすべて増加または減少される場合、この値は上書きされることに注意してください。

表A.13 リモートアウトバウンドソケットバインディング (remote-destination-outbound-socket-binding) の属性

属性説明

fixed-source-port

数値のオフセットポートがソケットグループの別のアウトバウンドソケットに適用される場合、ポートの値を固定すべきかどうか。

host

このアウトバウンドソケットが接続するリモート宛先のホスト名または IP アドレス。

port

アウトバウンドソケットが接続すべきリモート宛先のポート番号。

source-interface

アウトバウンドソケットのソースアドレスに使用されるインターフェースの名前。

source-port

アウトバウンドソケットのソースポートとして使用されるポート番号。

表A.14 ローカルアウトバウンドソケットバインディング (local-destination-outbound-socket-binding) の属性

属性説明

fixed-source-port

数値のオフセットポートがソケットグループの別のアウトバウンドソケットに適用される場合、ポートの値を固定すべきかどうか。

socket-binding-ref

このアウトバウンドソケットが接続するポートを決定するために使用されるローカルソケットバインディングの名前。

source-interface

アウトバウンドソケットのソースアドレスに使用されるインターフェースの名前。

source-port

アウトバウンドソケットのソースポートとして使用されるポート番号。