第15章 ORB 設定

15.1. Common Object Request Broker Architecture (CORBA)

Common Object Request Broker Architecture (CORBA) は、アプリケーションとサービスが複数の互換性がない言語で記述され、異なるプラットフォームでホストされる場合でも、アプリケーションとサービスが連携することを可能にする標準です。CORBA のリクエストは Object Request Broker (ORB) というサーバーサイドコンポーネントが仲介します。JBoss EAP は、Open JDK ORB コンポーネントを用いて ORB インスタンスを提供します。

ORB は JTS トランザクションに対して内部的に使用され、ユーザー独自のアプリケーションが使用することもできます。

注記

Object Transaction Service (OTS) は、CORBA の一部を形成するクロスプラットフォームサービスです。OTS 仕様は、オブジェクト管理グループにより維持されます。JTS はトランザクションマネージャーの構築の仕様で、JTS は OTS 仕様に基づいて設計されました。

CORBA およびそのコンポーネントの詳細は、「Common Object Request Broker Architecture」を参照してください。