11.7. ログフォーマッターの設定

ログフォーマッターはハンドラーでのログメッセージの形式を定義します。logging サブシステムでは以下のログフォーマッターを設定できます。

11.7.1. パターンフォーマッターの設定

ログハンドラーすべてで使用できる名前付きパターンフォーマッターを作成して、ログメッセージをフォーマットすることができます。

重要

ロギングプロファイルにこのログフォーマッターを設定する場合、 コマンドの最初は /subsystem=logging/ ではなく /subsystem=logging/logging-profile=LOGGING_PROFILE_NAME/ になります。

さらに、管理対象ドメインで実行している場合はコマンドの前に /profile=PROFILE_NAME を付けます。

パターンフォーマッターの作成

パターンフォーマッターを定義するとき、ログメッセージのフォーマットに使用するパターン文字列を指定します。パターン構文の詳細は、「パターンフォーマッターのフォーマット文字」を参照してください。

/subsystem=logging/pattern-formatter=PATTERN_FORMATTER_NAME:add(pattern=PATTERN)

たとえば、デフォルトの設定はサーバーログへのロギングメッセージのログフォーマッター文字列として %d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss,SSS} %-5p [%c] (%t) %s%e%n を使用します。これにより、以下のようにフォーマットされるログメッセージが作成されます。

2016-03-18 15:49:32,075 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0051: Admin console listening on http://127.0.0.1:9990

また、カラーマップを定義してログレベルごとに色を割り当てることもできます。形式は LEVEL:COLOR のカンマ区切りリストです。

  • 有効なレベル: finestfinerfineconfigtracedebuginfowarningwarnerrorfatalsevere
  • 有効な色: blackgreenredyellowbluemagentacyanwhitebrightblackbrightredbrightgreenbrightbluebrightyellowbrightmagentabrightcyanbrightwhite
/subsystem=logging/pattern-formatter=PATTERN_FORMATTER_NAME:write-attribute(name=color-map,value="LEVEL:COLOR,LEVEL:COLOR")

管理コンソールを使用してパターンログフォーマッターを設定することもできます。

  1. ブラウザーで管理コンソールを開きます。
  2. ConfigurationSubsystemsLogging と選択します。
  3. Configuration を選択し、表示 をクリックします。
  4. Formatter を選択し、Pattern Formatter オプションを選択します。