11.8. アプリケーションのロギング

アプリケーションのロギングは、JBoss EAP の logging サブシステムを使用するか、デプロイメントごとに設定できます。

ログメッセージの取得に JBoss EAP ログカテゴリーおよびハンドラーを使用する方法は「Logging サブシステム」を参照してください。

サポートされるアプリケーションロギングフレームワークやデプロイメントごとのロギング設定など、アプリケーションロギングの詳細は JBoss EAP『開発ガイド』の「ロギング」の章を参照してください。

11.8.1. デプロイメントごとのロギング

デプロイメントごとのロギングを使用すると、開発者はアプリケーションのロギング設定を事前に設定できます。アプリケーションがデプロイされると、定義された設定に従ってロギングが開始されます。この設定によって作成されたログファイルにはアプリケーションの動作に関する情報のみが含まれます。

注記

デプロイメントごとのロギング設定が行われない場合、すべてのアプリケーションとサーバーには logging サブシステムの設定が使用されます。

この方法では、システム全体のロギングを使用する利点と欠点があります。利点は、JBoss EAP インスタンスの管理者がサーバーロギング以外のロギングを設定する必要がないことです。欠点は、デプロイメントごとのロギング設定はサーバーの起動時に読み取り専用であるため、実行時に変更できないことです。

アプリケーションでデプロイメントごとのロギングを使用する手順については、JBoss EAP『開発ガイド』の「デプロイメントごとのロギングをアプリケーションに追加」を参照してください。

11.8.1.1. デプロイメントごとのロギングの無効化

以下の方法の 1 つを使用するとデプロイメントごとのロギングを無効にできます。

  • use-deployment-logging-config 属性を false に設定します。

    use-deployment-logging-config 属性は、デプロイメントがデプロイメントごとにロギングに対してスキャンされるかどうかを制御します。デフォルトは true です。デプロイメントごとのロギングを無効にするにはこの属性を false に設定します。

    /subsystem=logging:write-attribute(name=use-deployment-logging-config,value=false)
  • jboss-deployment-structure.xml ファイルを使用して logging サブシステムを除外します。

    手順については、JBoss EAP『開発ガイド』の「サブシステムをデプロイメントから除外」を参照してください。