10.3. パスワードに認証情報ストアを使用

mail サブシステムでクリアテキストのパスワードを提供する他に、認証情報ストアを使用してパスワードを提供することもできます。elytron サブシステムを使用すると、認証情報ストアを作成してパスワードをセキュアに保存し、JBoss EAP 全体でパスワードを使用することができます。認証情報ストアの作成および使用に関する詳細は、『How to Configure Server Security』の「Credential Store」を参照してください。

管理 CLI を使用した認証情報ストアの使用

/subsystem=mail/mail-session=mySession/server=smtp:add(outbound-socket-binding-ref=my-smtp-binding, username=user, credential-reference={store=exampleCS, alias=mail-session-pw}, tls=true)

注記

以下は、クリアテキストパスワードを使用する credential-reference 属性を指定する方法の例になります。

credential-reference={clear-text="MASK-Ewcyuqd/nP9;A1B2C3D4;351"}

管理コンソールを使用した認証情報ストアの使用

  1. 管理コンソールにアクセスします。詳細は「管理コンソール」を参照してください。
  2. ConfigurationSubsystemsMail と選択します。
  3. 該当するメールセッションを選択し、表示 をクリックします。
  4. Server を選択し、該当するメールセッションサーバーを選択します。Credential Reference タブで認証情報リファレンスを設定でき、 Attributes タブでその他の属性を編集できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。