6.5. グローバルモジュールの定義

モジュールを依存関係としてすべてのデプロイメントに追加する、グローバルモジュールのリストを定義できます。

注記

グローバルモジュールとして設定するモジュールの名前を知っている必要があります。含まれるモジュールの完全なリストとこれらのモジュールがサポートされているかについては、Red Hat カスタマーポータルの「JBoss Enterprise Application Platform (EAP) 7 に含まれるモジュール 」を参照してください。デプロイメントにおけるモジュールの名前付けの規則は、Dynamic Module Namingの項を参照してください。

以下の管理 CLI コマンドを使用してグローバルモジュールのリストを定義します。

/subsystem=ee:write-attribute(name=global-modules,value=[{name=MODULE_NAME_1},{name=MODULE_NAME_2}]

以下の管理 CLI コマンドを使用して、1 つのモジュールを既存のグローバルモジュールのリストに追加します。

/subsystem=ee:list-add(name=global-modules,value={name=MODULE_NAME})

管理コンソールを使用してグローバルモジュールを追加および削除することもできます。 Configuration タブから EE サブシステムに移動し、Global Modules セクションを選択します。

外部依存関係からグローバルモジュールにアクセスできるようにする必要がある場合は、明示的に可能にする必要があります。以下グローバルモジュールのサービスを外部で利用できるようにするには、以下のオプションを指定します。

  • services="import" を、jboss-deployment-structure.xml のモジュールに追加します。
  • global モジュール定義に services="true" を追加します。

    /subsystem=ee:write-attribute(name=global-modules,value=[{name=module1,services=true}]

    または、複数のモジュールを追加する場合は以下を使用します。

    /subsystem=ee:write-attribute(name=global-modules,value=[{name=module1,services=true},{name=module2,services=false}]

    新しいモジュールを既存のリストに追加するには、以下を行います。

    /subsystem=ee:list-add(name=global-modules,value={name=module1,services=true})
  • 管理コンソールを使用してグローバルモジュールを定義する場合は、Services プロパティーの値が On であることを確認します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。