24.10. Oracle NSAPI コネクター

Netscape Server API (NSAPI) は、拡張機能をサーバーに実装するために Oracle iPlanet Web Server (旧名 Netscape Web Server) によって提供される API です。これらの拡張機能はサーバープラグインと呼ばれます。NSAPI コネクターは、Oracle iPlanet Web Server 向けに調整された mod_jk の拡張機能である nsapi_redirector.so で使用されます。NSAPI コネクターを使用すると、JBoss EAP インスタンスをワーカーノード、Oracle iPlanet Web Server をロードバランサーとして設定できます。

注記

Solaris および Oracle iPlanet Web Server のサポートされる構成については、「JBoss Enterprise Application Platform (EAP) 7 でサポートされる構成」を参照してください。

24.10.1. iPlanet Web Server が NSAPI コネクターを使用するよう設定

要件

  • ワーカーとして動作する各サーバーに JBoss EAP がインストールおよび設定されます。

Red Hat カスタマーポータルから NSAPI コネクターをダウンロードします。

  1. ブラウザーを開き、Red Hat カスタマーポータルで JBoss の Software Downloads ページにログインします。
  2. Product ドロップダウンメニューから Web Connectors を選択します。
  3. Version ドロップダウンメニューで最新バージョンの JBoss Core Services を選択します。
  4. システムのプラットフォームとアーキテクチャーに対応する Red Hat JBoss Core Services NSAPI Connector を見つけ、Download リンクをクリックします。
  5. lib/ または lib64/ ディレクトリーにある nsapi_redirector.so ファイルを、IPLANET_CONFIG/lib/ または IPLANET_CONFIG/lib64/ ディレクトリーに展開します。

NSAPI コネクターを設定します。

注記

これらの手順では、IPLANET_CONFIG は Oracle iPlanet の設定ディレクトリーを意味します (通常 /opt/oracle/webserver7/config/ になります)。Oracle iPlanet 設定ディレクトリーが異なる場合は、適切に手順を変更してください。

  1. サーブレットマッピングを無効にします。

    IPLANET_CONFIG/default.web.xml ファイルを開き、Built In Server Mappings という見出しのセクションを見つけます。次の 3 つのサーブレットを XML コメント文字 (<!-- および -->) で囲み、これらのサーブレットへのマッピングを無効にします。

    • default
    • invoker
    • jsp

      以下の設定例は、無効にされたマッピングを示しています。

      <!-- ============== Built In Servlet Mappings =============== -->
      <!-- The servlet mappings for the built in servlets defined above. -->
      <!-- The mapping for the default servlet -->
      <!--servlet-mapping>
       <servlet-name>default</servlet-name>
       <url-pattern>/</url-pattern>
      </servlet-mapping-->
      <!-- The mapping for the invoker servlet -->
      <!--servlet-mapping>
       <servlet-name>invoker</servlet-name>
       <url-pattern>/servlet/*</url-pattern>
      </servlet-mapping-->
      <!-- The mapping for the JSP servlet -->
      <!--servlet-mapping>
       <servlet-name>jsp</servlet-name>
       <url-pattern>*.jsp</url-pattern>
      </servlet-mapping-->

      ファイルを保存し、終了します。

  2. iPlanet Web Server が NSAPI コネクターモジュールをロードするよう設定します。

    IPLANET_CONFIG/magnus.conf ファイルの最後に次の行を追加し、設定に合わせてファイルパスを変更します。これらの行は、nsapi_redirector.so モジュールと、ワーカーおよびそのプロパティーがリストされた workers.properties ファイルの場所を定義します。

    Init fn="load-modules" funcs="jk_init,jk_service" shlib="/lib/nsapi_redirector.so" shlib_flags="(global|now)"
    
    Init fn="jk_init" worker_file="IPLANET_CONFIG/connectors/workers.properties" log_level="info" log_file="IPLANET_CONFIG/connectors/nsapi.log" shm_file="IPLANET_CONFIG/connectors/tmp/jk_shm"

    上記の設定は 32 ビットアーキテクチャー向けです。64 ビット Solaris を使用している場合は、文字列 lib/nsapi_redirector.solib64/nsapi_redirector.so に変更します。

    ファイルを保存し、終了します。

  3. NSAPI コネクターを設定します。

    負荷分散のない基本設定または負荷分散設定向けに NSAPI コネクターを設定できます。以下のいずれかのオプションを選択します。 その後、設定が完了します。

24.10.2. NSAPI コネクターがクライアントリクエストを JBoss EAP に送信するよう設定

このタスクでは、NSAPI コネクターが負荷分散またはフェイルオーバーなしでクライアントリクエストを JBoss EAP サーバーにリダイレクトするよう設定します。リダイレクトは、デプロイメントごとに (つまり、URL ごとに) 行われます。

重要

このタスクを続行するには、NSAPI コネクターが設定されている必要があります。

基本的な HTTP コネクターの設定
  1. JBoss EAP サーバーにリダイレクトする URL パスを定義します。

    注記

    IPLANET_CONFIG/obj.conf では、前の行から継続する行以外は、行の最初にスペースを挿入しないでください。

    IPLANET_CONFIG/obj.conf ファイルを編集します。<Object name="default"> で始まるセクションを見つけ、一致する各 URL パターンを次のサンプルファイルで示された形式で追加します。文字列 jknsapi は、次の手順で定義される HTTP コネクターを示します。例は、ワイルドカードを使用したパターン一致を示しています。

    <Object name="default">
    [...]
    NameTrans fn="assign-name" from="/status" name="jknsapi"
    NameTrans fn="assign-name" from="/images(|/*)" name="jknsapi"
    NameTrans fn="assign-name" from="/css(|/*)" name="jknsapi"
    NameTrans fn="assign-name" from="/nc(|/*)" name="jknsapi"
    NameTrans fn="assign-name" from="/jmx-console(|/*)" name="jknsapi"
    </Object>
  2. 各パスを提供するワーカーを定義します。

    IPLANET_CONFIG/obj.conf ファイルの編集を続行します。編集したセクションの終了タグのすぐ後に、</Object> を追加します。

    <Object name="jknsapi">
    ObjectType fn=force-type type=text/plain
    Service fn="jk_service" worker="worker01" path="/status"
    Service fn="jk_service" worker="worker02" path="/nc(/*)"
    Service fn="jk_service" worker="worker01"
    </Object>

    上記の例は、URL パス /status へのリクエストを worker01 という名前のワーカーにリダイレクトし、/nc/ 以下のすべての URL パスを worker02 という名前のワーカーにリダイレクトします。3 番目の行は、前の行で一致しない jknsapi オブジェクトに割り当てられたすべての URL が worker01 に提供されることを示しています。

    ファイルを保存し、終了します。

  3. ワーカーとその属性を定義します。

    IPLANET_CONFIG/connectors/ ディレクトリーに workers.properties というファイルを作成します。以下の内容をそのファイルに貼り付けし、お使いの環境に合わせて変更します。

    # An entry that lists all the workers defined
    worker.list=worker01, worker02
    
    # Entries that define the host and port associated with these workers
    worker.worker01.host=127.0.0.1
    worker.worker01.port=8009
    worker.worker01.type=ajp13
    
    worker.worker02.host=127.0.0.100
    worker.worker02.port=8009
    worker.worker02.type=ajp13

    workers.properties ファイルは Apache mod_jk と同じ構文を使用します。

    ファイルを保存し、終了します。

  4. iPlanet Web Server の再起動

    以下のコマンドを実行し、iPlanet Web Server を再起動します。

    IPLANET_CONFIG/../bin/stopserv
    IPLANET_CONFIG/../bin/startserv

iPlanet Web Server が、JBoss EAP のデプロイメントに設定した URL へクライアントリクエストを送信します。

24.10.3. NSAPI コネクターがクライアントリクエストを複数の JBoss EAP サーバーで分散するよう設定

このタスクは、負荷分散の設定でクライアントリクエストを JBoss EAP サーバーに送信するよう NSAPI コネクターを設定します。

重要

このタスクを続行するには、NSAPI コネクターが設定されている必要があります。

ロードバランシングのコネクターの設定
  1. JBoss EAP サーバーにリダイレクトする URL パスを定義します。

    注記

    IPLANET_CONFIG/obj.conf では、前の行から継続する行以外は、行の最初にスペースを挿入しないでください。

    IPLANET_CONFIG/obj.conf ファイルを編集します。<Object name="default"> で始まるセクションを見つけ、一致する各 URL パターンを次のサンプルファイルで示された形式で追加します。文字列 jknsapi は、次の手順で定義される HTTP コネクターを示します。例は、ワイルドカードを使用したパターン一致を示しています。

    <Object name="default">
    [...]
    NameTrans fn="assign-name" from="/status" name="jknsapi"
    NameTrans fn="assign-name" from="/images(|/*)" name="jknsapi"
    NameTrans fn="assign-name" from="/css(|/*)" name="jknsapi"
    NameTrans fn="assign-name" from="/nc(|/*)" name="jknsapi"
    NameTrans fn="assign-name" from="/jmx-console(|/*)" name="jknsapi"
    NameTrans fn="assign-name" from="/jkmanager/*" name="jknsapi"
    </Object>
  2. 各パスを提供するワーカーを定義します。

    IPLANET_CONFIG/obj.conf ファイルの編集を続行します。前の手順で変更したセクションの終了タグ (</Object>) のすぐ後に、以下の新しいセクションを追加し、必要に応じて変更します。

    <Object name="jknsapi">
    ObjectType fn=force-type type=text/plain
    Service fn="jk_service" worker="status" path="/jkmanager(/*)"
    Service fn="jk_service" worker="router"
    </Object>

    この jksnapi オブジェクトは、default オブジェクトの name="jksnapi" マッピングにマップされた各パスを提供するために使用されるワーカーノードを定義します。/jkmanager/* に一致する URL 以外のすべてが、router という名前のワーカーにリダイレクトされます。

  3. ワーカーとその属性を定義します。

    workers.properties という名前のファイルを IPLANET_CONFIG/connector/ で作成します。以下の内容をそのファイルに貼り付けし、お使いの環境に合わせて変更します。

    # The advanced router LB worker
    # A list of each worker
    worker.list=router,status
    
    # First JBoss EAP server
    # (worker node) definition.
    # Port 8009 is the standard port for AJP
    #
    
    worker.worker01.port=8009
    worker.worker01.host=127.0.0.1
    worker.worker01.type=ajp13
    worker.worker01.ping_mode=A
    worker.worker01.socket_timeout=10
    worker.worker01.lbfactor=3
    
    # Second JBoss EAP server
    worker.worker02.port=8009
    worker.worker02.host=127.0.0.100
    worker.worker02.type=ajp13
    worker.worker02.ping_mode=A
    worker.worker02.socket_timeout=10
    worker.worker02.lbfactor=1
    
    # Define the load-balancer called "router"
    worker.router.type=lb
    worker.router.balance_workers=worker01,worker02
    
    # Define the status worker
    worker.status.type=status

    workers.properties ファイルは Apache mod_jk と同じ構文を使用します。

    ファイルを保存し、終了します。

  4. iPlanet Web Server 7.0 を再起動します。

    IPLANET_CONFIG/../bin/stopserv
    IPLANET_CONFIG/../bin/startserv

iPlanet Web Server は、設定した URL パターンを負荷分散設定の JBoss EAP サーバーにリダイレクトします。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。