25.3. Eclipse MicroProfile Health を使用したサーバー状態の監視

重要

Eclipse MicroProfile Health は、テクノロジープレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat は本番環境での使用は推奨しません。テクノロジープレビューの機能は、最新の技術をいち早く提供して、開発段階で機能のテストやフィードバックの収集を可能にするために提供されます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲については、Red Hat カスタマーポータルの「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

25.3.1. MicroProfile Health SmallRye サブシステム

JBoss EAP には、microprofile-health-smallrye サブシステムを使用して Eclipse MicroProfile Health 機能を提供する SmallRye Health コンポーネントが含まれています。このサブシステムは、JBoss EAP インスタンスが想定どおりに応答しているかどうかを判断するために使用され、デフォルトで有効になっています。

重要

デフォルトでは、MicroProfile Health SmallRye サブシステムはサーバーが稼働していることのみを評価します。カスタムヘルスチェックを含める場合は、『開発ガイド』の「カスタムヘルスチェックの実装」を参照してください。

Microprofile Health は、JBoss EAP をスタンドアロンサーバーとして実行している場合のみ利用できます。