9.2. 管理対象ドメインの JVM 設定

JBoss EAP 管理対象ドメインでは、複数のレベルで JVM の設定を定義できます。特定ホストのカスタム JVM 設定を定義し、それらの設定をサーバーグループまたは個別のサーバーインスタンスに適用できます。

デフォルトでは、サーバーグループおよび各サーバーは親から JVM 設定を継承しますが、各レベルで JVM 設定をオーバーライドすることもできます。

注記

domain.conf の JVM 設定 (Windows Server の場合は domain.conf.bat) は JBoss EAP ホストコントローラーの Java プロセスに適用されます。 ホストコントローラーによって制御される個別の JBoss EAP サーバーインスタンスには適用されません。

9.2.1. ホストコントローラーの JVM 設定の定義

ホストコントローラーの JVM 設定を定義し、これらの設定をサーバーグループまたは各サーバーに適用することができます。JBoss EAP には default の JVM 設定が含まれますが、以下の管理 CLI コマンドを実行すると、カスタム JVM 設定およびオプションがある production_jvm という名前の JVM 設定が新たに作成されます。

/host=HOST_NAME/jvm=production_jvm:add(heap-size=2048m, max-heap-size=2048m, max-permgen-size=512m, stack-size=1024k, jvm-options=["-XX:-UseParallelGC"])

使用できるすべてのオプションの説明は「管理対象ドメインの JVM 設定属性」を参照してください。

また、JBoss EAP 管理コンソールで JVM 設定を作成および編集するには、RuntimeHosts と選択し、ホストを選択して 表示 をクリックし、JVMs タブを選択します。

これらの設定は host.xml<jvm> タグ内に保存されます。