A.14. Mail サブシステムの属性

以下の表は、メールセッション と以下のメールサーバータイプ用の mail サブシステムの属性を表しています。

注記

これらの表は、管理モデルで使用される属性名を示しています (管理 CLI を使用している場合など)。XML で使用される名前は管理モデルの名前と異なる場合があるため、XML で使用される要素を EAP_HOME/docs/schema/wildfly-mail_3_0.xsd のスキーマ定義ファイルで確認してください。

表A.24 メールセッションの属性

属性説明

debug

Jakarta メールのデバッグを有効にするかどうか。

from

送信時に送信元が設定されていない場合のデフォルトの送信元 (from) アドレス。

jndi-name

メールセッションのバインド先の JNDI 名。

表A.25 IMAP メールサーバーの属性

属性説明

credential-reference

サーバー上で認証される、認証情報ストアからの認証情報。

outbound-socket-binding-ref

メールサーバーのアウトバウンドソケットバインディングへの参照。

password

サーバー上で認証するパスワード。

ssl

サーバーが SSL を必要とするかどうか。

tls

サーバーに TLS が必要であるかどうか。

username

サーバー上で認証するユーザー名。

表A.26 POP3 メールサーバーの属性

属性説明

credential-reference

サーバー上で認証される、認証情報ストアからの認証情報。

outbound-socket-binding-ref

メールサーバーのアウトバウンドソケットバインディングへの参照。

password

サーバー上で認証するパスワード。

ssl

サーバーが SSL を必要とするかどうか。

tls

サーバーに TLS が必要であるかどうか。

username

サーバー上で認証するユーザー名。

表A.27 SMTP メールサーバーの属性

属性説明

credential-reference

サーバー上で認証される、認証情報ストアからの認証情報。

outbound-socket-binding-ref

メールサーバーのアウトバウンドソケットバインディングへの参照。

password

サーバー上で認証するパスワード。

ssl

サーバーが SSL を必要とするかどうか。

tls

サーバーに TLS が必要であるかどうか。

username

サーバー上で認証するユーザー名。

表A.28 カスタムメールサーバーの属性

属性説明

credential-reference

サーバー上で認証される、認証情報ストアからの認証情報。

outbound-socket-binding-ref

メールサーバーのアウトバウンドソケットバインディングへの参照。

password

サーバー上で認証するパスワード。

properties

このサーバーの Jakarta Mail プロパティー

ssl

サーバーが SSL を必要とするかどうか。

tls

サーバーに TLS が必要であるかどうか。

username

サーバー上で認証するユーザー名。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。