第14章 Transactions サブシステムの設定

transactions サブシステムは、タイムアウト値、トランザクションロギング、統計の収集、Object Transaction Service を使用するかどうかなど、トランザクションマネージャー (TM) オプション の設定を可能にします。JBoss EAP は、Narayana フレームワークを使用してトランザクションサービスを提供します。このフレームワークは、Object Transaction Service、JTS、Web Service トランザクション、REST トランザクション、ソフトウェアトランザクションメモリー (STM)、XATMI/TX 仕様など、標準ベースの幅広いトランザクションプロトコルのサポートを利用します。

詳細は、『JBoss EAP でのトランザクションの管理』を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。