1.6. sysctl によるネットワークカーネル調整パラメーターの使用

sysctl ユーティリティーを介して特定のカーネル調整パラメーターを使用すると、実行中のシステムでネットワーク設定を調整し、ネットワークパフォーマンスに直接影響を与えることができます。
ネットワーク設定を変更するには、sysctl コマンドを使用します。システムを再起動しても維持される永続的な変更を行うには、/etc/sysctl.conf ファイルにそれを設定する行を追加します。
利用可能なすべての sysctl パラメーターを表示するには、root で以下を実行します。
~]# sysctl -a
sysctl を使用したネットワークカーネル調整パラメーターの詳細は、『システム管理ガイド』の「複数のインターフェースでの PTP の使用」を参照してください。
ネットワークカーネル調整パラメーターの詳細は、『カーネル管理ガイド』の「Network Interface Tunables」を参照してください。