4.6. デフォルトゲートウェイの設定

デフォルトゲートウェイは、ネットワークスクリプトにより決定されます。このスクリプトは、まず /etc/sysconfig/network ファイルを、その後にupの状態にあるインターフェースのネットワークインターフェースの ifcfg ファイルを解析します。ifcfg ファイルは数字の小さい順に解析され、最後に読み取られる GATEWAY ディレクティブがルーティングテーブルのデフォルトルートを作成するために使用されます。
デフォルトルートは、GATEWAY ディレクティブで、グローバルまたはインターフェース固有の設定ファイルのいずれかで指定できます。ただし、Red Hat Enterprise Linux では、グローバルの /etc/sysconfig/network ファイルの使用が非推奨になります。ゲートウェイの指定は、インターフェースごとの設定ファイルでのみ行ってください。
NetworkManager がモバイルホストを管理しているという動的なネットワーク環境では、ゲートウェイ情報はインターフェース固有である可能性が高く、DHCP による割り当てに任せるのが最善です。NetworkManager においてゲートウェイに達する出口インターフェースの選択に影響を及ぼす必要がある特別なケースでは、デフォルトゲートウェイに進まないインターフェースに ifcfg ファイルの DEFROUTE=no コマンドを利用します。