Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.8. GUI を使用したボンディング接続の作成

GNOME の control-center ユーティリティーを使用して、NetworkManager に、2 つ以上の Wired または InfiniBand の接続からボンドを作成するように指示できます。最初にボンディングする接続を作成する必要はありません。それは、ボンディングを構成するためのプロセスで設定できます。設定プロセスを完了するには、利用可能なインターフェースの MAC アドレスが必要です。

7.8.1. ボンド接続の確立

手順7.1 nm-connection-editor を使用して新規ボンド接続を追加する

新規ボンド接続を作成するには、以下のステップに従います。
  1. ターミナルで nm-connection-editor と入力します。
    ~]$ nm-connection-editor
  2. 追加 ボタンをクリックします。接続の種類の選択 ウィンドウが表示されます。ボンド を選択して 作成 をクリックします。ボンド接続 1 の編集 ウィンドウが表示されます。

    図7.6 NetworkManager グラフィカルユーザーインターフェースの Bond 追加メニュー

    NetworkManager グラフィカルユーザーインターフェースの Bond 追加メニュー
  3. Bond タブで 追加 をクリックし、このボンド接続で使用するインターフェースのタイプを選択します。作成 ボタンをクリックします。ポートタイプを選択するダイアログが表示されるのは、最初のポートを作成する時のみです。その後は、すべてのポートに同じタイプが自動的に使われます。
  4. bond0 スレーブ 1 の編集 ウィンドウが表示されます。デバイスの MAC アドレス ドロップダウンメニューでボンディングされるインターフェースの MAC アドレスを選択します。最初のポートの MAC アドレスは、ボンドインターフェースの MAC アドレスとして使用されます。必要な場合は、ボンドの MAC アドレスとして使用するクローンした MAC アドレスを入力します。保存 ボタンをクリックします。

    図7.7 NetworkManager グラフィカルユーザーインターフェースのボンド接続追加メニュー

    NetworkManager グラフィカルユーザーインターフェースのボンド接続追加メニュー
  5. ボンディングポートの名前 が Bonded 接続 ウィンドウに表示されます。さらにポート接続を追加するには、追加 ボタンをクリックしてします。
  6. 設定を確認してから 保存 ボタンをクリックします。
  7. 以下の「Bond タブの設定」を参照して、ボンド固有の設定を編集します。

手順7.2 既存のボンド接続を編集する

既存のボンド接続を編集するには以下のステップに従います。
  1. ターミナルで nm-connection-editor と入力します。
    ~]$ nm-connection-editor
  2. 編集する接続を選択して、編集 ボタンをクリックします。
  3. 全般 タブを選択します。
  4. 接続名、自動接続の動作、および可用性のセッティングを設定します。
    編集 ダイアログの 全般 タブにある 5 つの設定は、すべての接続の種類で共通のものです。
    • 接続名: ネットワーク接続の名前を入力します。この名前は Network ウィンドウメニューの接続名一覧に表示されます。
    • Automatically connect to this network when it is available - このボックスを選択すると、NetworkManager が利用可能なときにこの接続に自動接続します。詳細は、「control-center を使用した既存の接続の編集」を参照してください。
    • All users may connect to this network - このボックスを選択すると、システムですべてのユーザーが利用できる接続が作成されます。この設定を変更するには、root 権限が必要になる場合があります。詳細は、「GUI を使用したシステム全体およびプライベート接続プロファイルの管理」を参照してください。
    • この接続を使用したときは自動的に VPN に接続する - このボックスを選択すると、この接続が利用可能な時に NetworkManager が自動で選択した VPN に接続します。ドロップダウンメニューから VPN を選択します。
    • ファイアウォールゾーン - ドロップダウンメニューからファイアウォールゾーンを選択します。ファイアウォールゾーンに関する詳細情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド』を参照してください。
  5. 以下の「Bond タブの設定」を参照して、ボンド固有の設定を編集します。

新規 (または修正した) 接続を保存して他の設定を行う

ボンド接続の編集が終わったら、保存 ボタンをクリックしてカスタマイズした設定を保存します。
そして、以下のいずれかの設定をします。

7.8.1.1. Bond タブの設定

新しいボンディング接続がすでに追加されている場合(手順は 手順7.1「nm-connection-editor を使用して新規ボンド接続を追加する」 を参照)、Bond タブで負荷共有モードと、ポート接続の失敗を検出するために使用するリンク監視の種別を設定できます。
モード
ボンディングを構成するポート接続上でトラフィックを共有するために使用されるモード。デフォルトは、ラウンドロビン です。802.3ad などの他の負荷分散モードは、ドロップダウンリストから選択することができます。
リンク監視
ネットワークトラフィックを伝送するポート機能を監視する方法。
以下の負荷分散モードが、モード のドロップダウンリストから選択できます。
ラウンドロビン
耐障害性とロードバランシングにラウンドロビンポリシーを設定します。送信は、最初に利用可能なポートインターフェースの最初のものから順番に受信して送信されます。このモードは、仮想マシンのブリッジの背後では追加のスイッチ設定がないと機能しない可能性があります。
アクティブバックアップ
耐障害性のためアクティブなバックアップポリシーを設定します。ボンディングポートインターフェースの中で最初に利用可能になったものから送受信が行われます。アクティブなボンディングポートインターフェースに障害がある場合に限り、別のボンディングポートインターフェースが使用されます。これは、InfiniBand デバイスのボンドで利用可能な唯一のモードです。
XOR
XOR (排他的理論和) を設定します。送受信は選択されたハッシュポリシーに基づいて行われます。デフォルトでは、送信元および宛先の MAC アドレスの XOR でハッシュをポートインターフェース数のモジュロで乗算します。このモードでは、宛先が特定のピアになっているトラフィックは常に同一インターフェースで送信されます。宛先は MAC アドレスで決められるので、この方法は同一リンクまたはローカルネットワーク上にあるピアが宛先のトラフィックに最適なものです。トラフィックが単一ルーターを通過する必要がある場合は、このトラフィックバランスのモードは最適ではなくなります。
ブロードキャスト
耐障害性にブロードキャストポリシーを設定します。すべての送信はすべてのポートインターフェースで行われます。このモードは、仮想マシンのブリッジの背後では追加のスイッチ設定がないと機能しない可能性があります。
802.3ad
IEEE 802.3ad 動的リンクアグリゲーションのポリシーを設定します。同一の速度とデュプレックス設定を共有するアグリゲーショングループを作成します。アクティブなアグリゲーターのすべてのポートで送受信されます。802.3ad に対応するネットワークスイッチが必要です。
適応送信のロードバランシング
耐障害性とロードバランシングのための適応型送信ロードバランシング (TLB) ポリシーを設定します。送信トラフィックは、各ポートインターフェースの現在の負荷に従って分散されます。受信トラフィックは、現在のポートにより受信されます。受信ポートが失敗すると、別のポートは失敗したポートの MAC アドレスを引き継ぎます。このモードは、カーネルボンディングモジュールが認識しているローカルアドレスにのみ、適したものになります。このため、仮想マシンのブリッジの背後では使用できません。
適応ロードバランス
耐障害性とロードバランシングに適応型ロードバランシング (ALB) ポリシーを設定します。IPv4 トラフィック用の送受信ロードバランシングが含まれます。ARP ネゴシエーションにより、受信ロードバランシングが可能です。このモードは、カーネルボンディングモジュールが認識しているローカルアドレスにのみ、適したものになります。このため、仮想マシンのブリッジの背後では使用できません。
以下のリンク監視のタイプは、リンク監視 ドロップダウンリストから選択できます。ボンディングされたインターフェースでどのチャンネルボンディングのモジュールパラメーターが最適な動作をするかテストするとよいでしょう。
MII (Media Independent Interface)
インターフェースのキャリア波の状態を監視します。実行方法は、ドライバーへのクエリー、MII レジスターへの直接クエリー、ethtool を使ったデバイスへのクエリーがあります。利用可能な 3 つのオプションは以下のとおりです。
監視周期
ドライバーもしくはMII レジスターへのクエリーの間隔時間 (ミリ秒単位)
接続遅延
up とレポートされたリンクの使用を試みるまでの待機時間 (ミリ秒単位)。リンクが up とレポートされてからすぐに余計な ARP リクエストが失われた場合に、この遅延は使用できます。これが発生するのは、たとえばスイッチ初期化などの間です。
接断遅延
これまでアクティブだったリンクがdownとレポートされた際に、別のリンクに変更するまでの待ち時間 (ミリ秒単位)。アタッチされたスイッチがバックアップモードに変更するまで比較的長い時間がかかる場合に、この遅延は使用できます。
ARP
アドレス解決プロトコル (ARP) は、1 つ以上のピアにプローブしてリンク層接続の動作具合を判断するために使用されます。これは、送信開始時間および最終受信時間を提供しているデバイスドライバーに依存しています。
以下の 2 つのオプションがあります。
監視周期
ARP リクエストを送信する間隔時間 (ミリ秒単位)。
ARP ターゲット
ARP リクエスト送信先の IP アドレスのコンマ区切り。