第4章 静的ルートおよびデフォルトゲートウェイの設定

本章は、静的ルートおよびデフォルトゲートウェイの設定を説明します。

4.1. ルーティングおよびゲートウェイの概要

ルーティングは、別のシステムへのネットワークパスをシステムが見つけられるようにするメカニズムです。ルーティングは、しばしば、ルーティング専用のネットワーク上で、デバイスにより処理されます (ただし、デバイスはルーティングを行うように設定できます)。したがって、Red Hat Enterprise Linux サーバーまたはクライアントで静的ルートを設定する必要がない場合もしばしばあります。例外は、暗号化された VPN トンネルを通過する必要があるトラフィックや、コストやセキュリティー上の理由から、特定のルートを通過する必要があるトラフィックが含まれます。ホストのルーティングテーブルには、ネットワークに直接接続しているルートが自動的に追加されます。このルートは、ネットワークインターフェースが 起動 していると調べられます。リモートネットワークまたはホストに到達するには、システムには、トラフィックが送られるゲートウェイのアドレスが指定されている必要があります。
ホストのインターフェースが、DHCP により設定されると、通常は、アップストリームのネットワークまたはインターネットにつながるゲートウェイのアドレスが割り当てられます。このゲートウェイは、通常はデフォルトのゲートウェイと呼ばれます。そのシステムでそのゲートウェイよりも良いルートが検出され (そしてルーティングテーブルに表示され) る場合を除き、このゲートウェイが使用されるためです。ネットワーク管理者は、しばしば、そのネットワークの最初のホストまたは最後のホストの IP アドレスをゲートウェイアドレスとして使用します (たとえば 192.168.10.1 または 192.168.10.254) です。ネットワークそのものを示すアドレス (この例では 192.168.10.0) や、サブネットのブロードキャストアドレス (この例では 192.168.10.255) とは混合しないでください。デフォルトゲートウェイは、従来のネットワークルーターです。デフォルトゲートウェイは、ローカルネットワーク宛ではなく、ルーティングテーブルで優先ルートが指定されていないすべてのトラフィックに適用されます。

注記

専門知識を深めるには、Red Hat システム管理 I (RH124) トレーニングコースの受講をお勧めします。