4.4. ip コマンドでの静的ルートの設定

システム管理者は、ip route コマンドを使用して静的ルートを設定できます。
IP ルーティングテーブルを表示するには、ip route コマンドを使用します。以下に例を示します。
~]$ ip route
default via 192.168.122.1 dev ens9  proto static  metric 1024
192.168.122.0/24 dev ens9  proto kernel  scope link  src 192.168.122.107
192.168.122.0/24 dev eth0  proto kernel  scope link  src 192.168.122.126
ip route コマンドは、以下の形式になります。
ip route [ add | del | change | append | replace ] destination-address
オプションおよびフォーマットの詳細は、man ページの ip-route(8) を参照してください。
静的ルートをホストアドレス、つまり 1 つの IP アドレスに追加するには、以下のコマンドを実行します。
~]# ip route add 192.0.2.1 via 10.0.0.1 [dev interface]
ここでの 192.0.2.1 は、ドット形式 10 進法でのホストの IP アドレスに、10.0.0.1 はネクストホップアドレスに、interface はネクストホップに進む終了インターフェースになります。
ネットワーク (つまり IP アドレスの範囲を表示する IP アドレス) に静的ルートを追加するには、以下を行います。
~]# ip route add 192.0.2.0/24 via 10.0.0.1 [dev interface]
ここでの 192.0.2.0 はドット形式 10 進法での宛先ネットワークの IP アドレスに、/24 はネットワークプレフィックスになります。ネットワークプレフィックスは、サブネットマスク内の有効なビット数です。ネットワークアドレスにスラッシュ、ネットワークプレフィックス長を続けるこの形式は、classless inter-domain routing (CIDR) 表記と呼ばれることもあります。
割り当てた静的ルートを削除するには、以下のコマンドを実行します。
~]# ip route del 192.0.2.1
ip route を使用してルーティングテーブルに行った変更は、システムを再起動すると元に戻ります。静的ルートを永続的に設定するには、そのインターフェースの /etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリーに route-interface ファイルを作成して、そこに設定できます。たとえば、eth0 インターフェースに対する静的ルートは、/etc/sysconfig/network-scripts/route-eth0 ファイルに保存されます。route-interface ファイルに行った変更は、ネットワークサービスまたはインターフェースを再起動するまで有効になりません。route-interface ファイルには、2 つの形式があります。
ip route コマンドに関する詳細情報は、ip-route(8) man ページを参照してください。