Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第11章 ネットワークデバイス命名における一貫性

Red Hat Enterprise Linux は、ネットワークインターフェース用に一貫した予想可能なネットワークデバイス命名の方法を提供します。この機能では、インターフェースの位置判定と区別が容易になるようにシステム上のネットワークインターフェース名を変更します。
従来の Linux のネットワークインターフェースには次のように列挙されます。 eth[0123…]s0ただし、この名前がシャーシの実際のラベルに対応しているとは限りません。複数のネットワークアダプターを使用する最新のサーバープラットフォームでは、このインターフェースの非決定論的および反直感的な命名が行われています。これは、マザーボードに組み込まれたネットワークアダプター (Lan-on-Motherboard または LOM) とアドイン (シングルおよびマルチのポート) アダプターの両方に影響します。
Red Hat Enterprise Linux では、udev は多くの異なる命名スキームに対応します。デフォルトでは、ファームウェア、トポロジー、および場所情報に基づいて固定名が割り当てられます。これには、名前が完全に自動的かつ予想可能であり、ハードウェアが追加もしくは削除されても (再列挙がなされず) 固定のままであり、またハードウェアが壊れた場合にシームレスに交代可能であるという利点があります。マイナス面は、従来使用されていた ethwla といった名前と比べて読みにくい場合があるという点です。以下に例を示します。enp5s0.
警告
システムが ethX のような名前を使用することを許可してしまうので、一貫性のあるネットワークデバイス命名方法を無効にしないでください。ここで X は特定のインターフェースに対応する一意の数字ですが、起動プロセス中に別のネットワークインターフェース名になる場合があります。詳細は 「ネットワークデバイス命名におけるトラブルシューティング」 を参照してください。

11.1. 命名スキームの序列

デフォルトでは、systemd が以下のポリシーを使用してサポート対象の命名スキームを適用し、インターフェースに命名します。
  • スキーム 1 - ファームウェアや BIOS がオンボードデバイスについて提供する索引番号を組み入れた名前 (例: eno1) は、ファームウェアや BIOS からの情報が適用可能で利用可能な場合は、これが適用されます。そうでない場合は、スキーム 2 にフォールバックします。
  • スキーム 2 - ファームウェアや BIOS が提供している PCI Express ホットプラグスロットの索引番号を組み込んだ名前 (例: ens1) は、ファームウェアや BIOS からの情報が適用可能で利用可能な場合は、これが適用されます。そうでない場合は、スキーム 3 にフォールバックします。
  • スキーム 3 - ハードウェアのコネクターの物理的場所を組み込んだ名前 (例: enp2s0) は、これが適用可能な場合は、適用されます。そうでない場合は、スキーム 5 にフォールバックします。
  • スキーム 4 - インターフェースの MAC アドレスを組み込んだ名前 (例: enx78e7d1ea46da) はデフォルトでは使用されませんが、ユーザーが選択すれば適用可能です。
  • スキーム 5: 従来型の予測不可能なカーネル命名スキーム (例: enp1s0) は、他のすべての方法が失敗した場合に使用されます。
上記のポリシーがデフォルトになります。システムで biosdevname が有効になっている場合、これが使用されます。Dell システム以外では、biosdevname を有効にするために biosdevname=1 をカーネルコマンドラインのパラメーターとして渡す必要があります。ここでの biosdevname は、インストールされている限りデフォルトで使用されます。カーネルデバイス名を変更する udev ルールをユーザーが追加している場合、このルールが優先されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。