Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.5. IPv6 の DHCP (DHCPv6)

ISC DHCP には、4.x リリース以降の DHCPv6 サーバー、クライアント、およびリレーエージェント機能に対する IPv6 (DHCPv6) のサポートが含まれています。エージェントは IPv4IPv6 の両方をサポートしていますが、一度に管理できるのは 1 つのプロトコルのみです。デュアルサポートについては、IPv4IPv6 に対して別々に起動する必要があります。たとえば、上記の設定ファイル /etc/dhcp/dhcpd.conf および /etc/dhcp/dhcpd 6.conf を編集して DHCPv4DHCPv6 の両方を設定し、以下のコマンドを 実行します。
~]# systemctl start dhcpd
~]# systemctl start dhcpd6
DHCPv6 サーバーの設定ファイルは、/etc/dhcp/dhcpd6.conf にあります。
サーバー設定ファイルのサンプルは、/usr/share/doc/dhcp-version/dhcpd6.conf.example にあります。
以下は、シンプルな DHCPv6 サーバー設定ファイルの例です。
subnet6 2001:db8:0:1::/64 {
        range6 2001:db8:0:1::129 2001:db8:0:1::254;
        option dhcp6.name-servers fec0:0:0:1::1;
        option dhcp6.domain-search "domain.example";
}
fixed-address をクライアントに割り当てるには、ネットワークインターフェースカードの MAC アドレスに基づいて hardware ethernet パラメーターを使用します。
host otherclient {
        hardware ethernet 01:00:80:a2:55:67;
        fixed-address6 3ffe:501:ffff:100::4321;
 }
IPv6 の shared-network および group の宣言の設定オプションは、IPV4 と同じです。詳細は、例14.5「Shared-network 宣言」および 例14.6「Group 宣言」で示す例を参照してください。