5.7. ネットワークチームでポートとして使用するインターフェースの選択

利用可能なインターフェースを表示するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ ip link show
1: lo:  <LOOPBACK,UP,LOWER_UP > mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: em1:  <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP > mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP mode DEFAULT qlen 1000
    link/ether 52:54:00:6a:02:8a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: em2:  <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP > mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP mode DEFAULT qlen 1000
link/ether 52:54:00:9b:6d:2a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
利用可能なインターフェースから使用するネットワークチームに最適なものを選択し、「ネットワークチーム設定方式の選択」 に進みます。

注記

チームの開発者は、スレーブ よりも ポート という 用語を好みますが、NetworkManager はチームを構成するインターフェースについて チーム-スレーブ という用語を使います。