付録A ネットワーク設定に関する Red Hat Customer Portal Labs

Red Hat Customer Portal Labs のツールは、パフォーマンスの向上、問題のトラブルシューティング、セキュリティー問題の特定、設定の最適化に役立てていただくために開発しました。この付録では、ネットワーク設定に関連する Red Hat Customer Portal Labs の概要を説明します。すべての Red Hat Customer Portal Labs は https://access.redhat.com/labs/ からご利用いただくことができます。

ブリッジの構成

Bridge Configuration は、Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降を使用する KVM 等のアプリケーションに、ブリッジ接続のネットワークインターフェースを設定するために作成されました。

Network Bonding Helper

管理者は、Network Bonding Helper を使用して、ボンディングカーネルモジュールおよびボンディングネットワークインターフェースを使用して、複数のネットワークインターフェースコントローラーを 1 つのチャンネルにまとめることができます。
Network Bonding Helper を使用すると、複数のネットワークインターフェースを 1 つのボンディングインターフェースとして機能させることができます。

Network Teaming Helper

Network Teaming Helper は、環境とデプロイメントの目標に基づいて、ネットワークチームを自動的に生成するのに役立ちます。Network Teaming Helper を使用すると、有効かつ推奨される設定を簡単に生成できます。

Packet capture syntax generator

Packet capture syntax generator は、ネットワークパケットを取得するのに役立ちます。
Packet capture syntax generator を使用すると、インターフェースを選択して情報をコンソールに出力する tcpdump コマンドを生成できます。コマンドを入力するには、root アクセスが必要です。