Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.6. スイッチにおけるボンディングモードおよび必要な設定の概要

以下の表は、ボンディングモードに応じて、アップストリームのスイッチに適用する必要がある設定を示しています。

表7.1 ボンディングモードに依存するスイッチ設定

ボンディングモード スイッチの設定
0 - balance-rr (LACP がネゴシエートされたものではなく) 静的な Etherchannel を有効にする必要があります。
1 - active-backup 自動ポートが必要です。
2 - balance-xor (LACP がネゴシエートされたものではなく) 静的な Etherchannel を有効にする必要があります。
3 - broadcast (LACP がネゴシエートされたものではなく) 静的な Etherchannel を有効にする必要があります。
4 - 802.3ad LACP がネゴシエートされた Etherchannel が有効になっている必要があります。
5 - balance-tlb 自動ポートが必要です。
6 - balance-alb 自動ポートが必要です。
スイッチの設定は、スイッチのドキュメントを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。