Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.3. DHCP リレーエージェント

DHCP リレーエージェント (dhcrelay) を使うと、DHCP サーバーがないサブネットから他のサブネットにある DHCP サーバーに DHCP および BOOTP リクエストのリレーができるようになります。
DHCP クライアントが情報を要求すると、DHCP リレーエージェントは起動時に、指定された DHCP サーバーの一覧に要求を転送します。DHCP サーバーが応答を返すと、その応答は元の要求を送信したネットワーク上でブロードキャストまたはユニキャストで送信されます。
IPv4 用の DHCP リレーエージェントである dhcrelay は、インターフェースが /etc/sysconfig/dhcrelay 内で INTERFACES ディレクティブを使って指定されている場合を除いて、DHCPv4 および BOOTP リクエストをリッスンします。「dhcrelay の DHCPv4 および BOOTP リレーエージェントとしての設定」を参照してください。IPv6 用の DHCP リレーエージェントである dhcrelay6 にはこのデフォルトの動作はないので、DHCPv6 リクエストをリッスンするインターフェースを指定する必要があります。「dhcrelay を DHCPv6 リレーエージェントとして設定」を参照してください。
dhcrelay は、DHCPv4 および BOOTP リレーエージェント (デフォルト) として実行するか、DHCPv6 リレーエージェント ( -6 引数)。使用法に関するメッセージを表示するには、dhcrelay -h コマンドを実行します。

14.3.1. dhcrelay の DHCPv4 および BOOTP リレーエージェントとしての設定

dhcrelayDHCPv4 および BOOTP モードで実行するには、リクエストを転送するサーバーを指定します。rootdhcrelay.service ファイルをコピーして、編集します。
~]# cp /lib/systemd/system/dhcrelay.service /etc/systemd/system/
~]# vi /etc/systemd/system/dhcrelay.service
セクション [Service] 下の ExecStart オプションを編集するか、1 つ以上の IPv4 アドレスを行末に追加します。例:
ExecStart=/usr/sbin/dhcrelay -d --no-pid 192.168.1.1
DHCP リレーエージェントが DHCP 要求をリッスンするインターフェースを指定する場合は、-i 引数 (または全インターフェースでリッスンする ExecStart オプション) に追加します。例:
ExecStart=/usr/sbin/dhcrelay -d --no-pid 192.168.1.1 -i em1
その他のオプションについては、dhcrelay(8) の man ページを参照してください。
変更を反映させるには、root でサービスを再起動します。
~]# systemctl --system daemon-reload
~]# systemctl restart dhcrelay