1.2. 静的 IP アドレス指定と動的 IP アドレス指定の比較

静的 IP アドレス指定
デバイスに静的 IP アドレスが割り当てられている場合、そのアドレスは手動で変更しない限り、時間の経過とともに変わることはありません。静的 IP アドレス指定の使用が推奨されるのは、次のような場合です。
  • DNS などのサーバーや認証サーバーのネットワークアドレスの整合性を確保する。
  • 他のネットワークインフラストラクチャから独立して動作する、帯域外管理デバイスを使用する。
「ネットワーク設定方法の選択」に記載されるすべての設定ツールを使用すると、静的な IP アドレスを手動で割り当てることができます。「nmcli を使用した静的イーサネット接続の追加および設定」 で説明されている nmcli ツールも適しています。
自動設定および管理の詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理ガイド』の『OpenLMI』を参照してください。『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』 では、ネットワーク設定の割り当てを自動化するのに使用できる キックスタート ファイルの使用方法を説明します。
動的 IP アドレス指定
デバイスに動的 IP アドレスが割り当てられている場合、そのアドレスは時間の経過とともに変わります。このため、マシンの再起動後には IP アドレスが変わる可能性があるので、随時ネットワークに接続するデバイスに推奨されます。
動的 IP アドレスはより柔軟で、設定と管理が簡単です。ダイナミックホストコントロールプロトコル (DHCP) は、ネットワーク設定をホストに動的に割り当てる従来の方法です。詳細は「DHCP を使用する理由」を参照してください。また、「nmcli を使用した動的イーサネット接続の追加および設定」 で説明されているように、nmcli ツールを使用できます。

注記

静的 IP アドレスまたは動的 IP アドレスをどのような場合に使用するかを定義する厳密な規則はありません。ユーザーのニーズ、設定、およびネットワーク環境によって異なります。
デフォルトでは、NetworkManager は、DHCP クライアントである dhclient を呼び出します。