Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

11.6. biosdevname を使用した一貫性のあるネットワークデバイスの命名

biosdevname udev ヘルパーユーティリティーで実装されるこの機能は、表11.2「biosdevname の命名規則」で示されているように、すべての組み込み型ネットワークインターフェース、PCI カードネットワークインターフェース、および仮想機能ネットワークインターフェースを、既存の eth[0123…] から新たな命名規則に変更します。システムが Dell システムか、「機能の有効化および無効化」にあるように biosdevname が明示的に有効となっている場合を除き、優先されるのは systemd 命名スキームであることに注意してください。

表11.2 biosdevname の命名規則

デバイス 旧式の名前 新しい名前
組み込み型ネットワークインターフェース (LOM) eth[0123…] em[1234…][a]
PCI カードネットワークインターフェース eth[0123…] p<slot>p<ethernet port>[b]
仮想機能 eth[0123…] p<slot>p<ethernet port>_<virtual interface>[c]
[a] 新しい列挙は 1 から始まります。
[b] 以下に例を示します。p3p4
[c] 以下に例を示します。p3p4_1

11.6.1. システム要件

biosdevname プログラムはシステムの BIOS からの情報、特に SMBIOS 内に収納されている type 9 (システムスロット) フィールドと type 41 (オンボードデバイス拡張情報) フィールドからの情報を使用します。システムの BIOS に SMBIOS のバージョン 2.6 もしくはそれ以降がなければ、新しい命名規則は使用されません。ほとんどの旧型のハードウェアは、必要な SMBIOS バージョンとフィールド情報がある BIOS を欠いているため、この機能をサポートしていません。BIOS または SMBIOS バージョンの詳細については、ご使用のハードウェアの製造元にご連絡ください。
この機能を有効にするには、biosdevname パッケージもインストールする必要があります。これをインストールするには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# yum install biosdevname