第7章 802.1Q VLAN タグの設定

VLAN を作成するには、親インターフェース と呼ばれる別のインターフェース上にインターフェースを作成します。VLAN インターフェースは、パケットがインターフェースを通過する際に VLAN ID でタグ付けし、返信パケットの場合はタグを外します。VLAN インターフェースは他のインターフェースと同様に設定することができます。親インターフェースはイーサネットインターフェースである必要はありません。802.1Q VLAN タグインターフェースは、ブリッジ、ボンド、チームのインターフェース上に作成することができますが、以下の点に注意してください。
  • ボンド上に VLAN を作成した場合は、ボンドにスレーブがあり、VLAN インターフェースがアップになる前にそれらが アップ になっていることが重要です。本ガイドの執筆時点では、スレーブのないボンドに VLAN インターフェースを追加しても機能しません。
  • VLAN スレーブはボンド上で fail_over_mac=follow オプションを使って設定することができません。これは、VLAN の仮想デバイスが MAC アドレスを変更して親の新 MAC アドレスに合致させることができないためです。この場合、トラフィックは間違ったソースの MAC アドレスで送信されます。
  • VLAN のタグ付けがされたパケットをネットワークスイッチ経由で送信するには、スイッチの設定が必要になります。これについては、スイッチの説明書を参照してください。たとえば Cisco スイッチの場合、ポートが複数 VLAN のタグ付けされたパケットを受け付けるには、ポートが 1 つの VLAN に割り当てられているか、トランクポートになるように設定されている必要があります。タグが外されたパケットもトランクポートで処理して ネイティブ VLAN に属しているものとして処理できます。ただし、これはセキュリティーリスクになる可能性があり、スイッチのメーカーによってはこれは無効になっているか、デフォルトで有効にはなっていません。
  • 古いネットワークインターフェースカードやループバックインターフェース、Wimax カードや InfiniBand デバイスのなかには、VLAN 非対応 といって、VLAN をサポートできないものもあります。これは通常、これらのデバイスがタグ付けされたパケットに関連する VLAN ヘッダーや大きい MTU サイズに対応できないためです。

7.1. VLAN インターフェース設定方式の選択