9.5. iproute を使用したイーサネットブリッジの設定

bridge-utils の代わりに、iproute パッケージを使用できます。このパッケージを使用すると、prioritycoststate などのブリッジポートオプションを設定できます。
ip ユーティリティーを使用して、ブリッジデバイスでインターフェース eth0 をスレーブするポートオプションを設定するには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# ip link set eth0 type bridge_slave option
ip ユーティリティーを使用して利用可能なオプションを選択するには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# ip link help bridge_slave
      Usage: ... bridge_slave [ state STATE ] [ priority PRIO ] [cost COST ]
                          [ guard {on | off} ]
                          [ hairpin {on | off} ]
                          [ fastleave {on | off} ]
                          [ root_block {on | off} ]
                          [ learning {on | off} ]
                          [ flood {on | off} ]
ポートオプションの詳細は、man ページの ip-link(8) を参照してください。