Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第9章 ネットワークブリッジングの設定

ネットワークブリッジは、MAC アドレスに基づいてネットワーク間のトラフィックを転送するリンク層デバイスです。転送の決定は、MAC アドレスのテーブルに基づいて行われ、このテーブルはネットワークトラフィックをリッスンして、どのホストがどのネットワーク接続しているかをネットワークブリッジが学習することで構築されます。Linux ホスト内では、ソフトウェアブリッジを使ってハードウェアをエミュレートすることができます。たとえば、仮想化アプリケーション内で NIC を 1 つ以上の仮想 NIC と共有するなどです。
アドホック または インフラストラクチャー モードで稼働している Wi-Fi ネットワーク上では、ブリッジは確立できないことに注意してください。これは、Airtime を効率的に使用するために Wi-Fi で 3-address フレームの使用を指定する IEEE 802.11 標準が原因です。

9.1. テキスト形式のユーザーインターフェース nmtui によるブリッジングの設定

テキスト形式のユーザーインターフェースツール nmtui を使用すると、ターミナルのウィンドウでブリッジングを設定できます。このツールを起動するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmtui
テキストユーザーインターフェースが表示されます。無効なコマンドがあると、使用方法に関するメッセージが表示されます。
移動するには矢印キーを使用するか、Tab を押して次に進むか、Shift+Tab を押して前に戻ります。Enter を押してオプションを選択します。Space バーは、チェックボックスのステータスを切り替えます。
  1. メニューから 接続の編集 を選択します。追加 を選択すると 新規の接続 画面が開きます。

    図9.1 NetworkManager テキスト形式のユーザーインターフェースのブリッジ接続追加メニュー

    NetworkManager テキスト形式のユーザーインターフェースのブリッジ接続追加メニュー
  2. ブリッジ を選択すると、接続の編集 画面が開きます。
  3. ポートインターフェースをブリッジに追加するには、Add を選択すると、New Connection 画面が開きます。接続の種類を選んだら、作成 ボタンを選択して、ブリッジの 接続の編集 画面を開きます。

    図9.2 新しいブリッジ スレーブ の接続メニューの追加 NetworkManager のテキストユーザーインターフェース

    新しいブリッジ スレーブ の接続メニューの追加 NetworkManager のテキストユーザーインターフェース
  4. デバイス セクションに、必要なポートデバイス名または MAC アドレスを入力 ます。必要であれば、イーサネット ラベルの右側にある 表示する を選択して、ブリッジの MAC アドレスとして使用するクローンの MAC アドレスを入力します。OK ボタンを選択します。
    注記
    MAC アドレスなしでデバイスを指定すると、接続の編集 ウィンドウがリロードされる際に デバイス セクションは自動的に設定されます。ただしこれは、デバイスが正常に発見された場合のみです。

    図9.3 ブリッジスレーブの接続メニュー 設定

    ブリッジスレーブの接続メニュー の 設定
  5. ブリッジポートの名前が Slaves セクションに表示されます。上記の手順を繰り返して、ポート接続を追加します。
  6. 設定を確認してから、OK ボタンを選択します。

    図9.4 NetworkManager テキスト形式ユーザーインターフェースでブリッジを設定するメニュー

    NetworkManager テキスト形式ユーザーインターフェースでブリッジを設定するメニュー
ブリッジ用語の定義は、「ブリッジタブを設定する」を参照してください。
nmtui のインストール方法は、「nmtui を使用した IP ネットワークの設定」を参照してください。