4.3. GUI を使用した静的ルートの設定

静的ルートを設定するには、設定する接続のIPv4 または IPv6 の設定ウィンドウを開きます。詳細はcontrol-center GUI を使用したネットワーク接続」を参照してください。
ルート
アドレス: リモートネットワーク、サブネット、またはホストの IP アドレスを入力します。
ネットマスク: 上記で入力した IP アドレスのネットマスクまたプレフィックス長。
ゲートウェイ: 上記で入力したリモートネットワーク、サブネット、またはホストにつながるゲートウェイの IP アドレスです。
メトリック - このルートに与える優先値であるネットワークコスト。高い値よりも低い値の方が望ましい。
自動
自動が オン になっている場合は、RA または DHCP からのルートが使用されますが、追加の静的ルートを追加することもできます。これが オフ の場合は、ユーザーが定義した静的ルートのみが使用されます。
この接続はネットワーク上のリソースのためだけに使用
このチェックボックスを選択すると、この接続はデフォルトルートになりません。よくある例は、ヘッドオフィスへの接続が VPN トンネルや専用線で、インターネット向けトラフィックにこの接続を使用しない場合です。このオプションを選択すると、この接続で自動的に学習されたルートを使用することが明確なトラフィックか、手動で入力されたトラフィックのみがこの接続を経由します。