Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.5. 冗長性についてネットワーク構成ボンディングの確認

ネットワークの冗長性は、特定のシステムの障害を防止または回復するために、バックアップ目的でデバイスが使用される場合のプロセスです。次の手順では、冗長性でボンディングのネットワーク構成を確認する方法を説明します。
Procedure
  1. ボンドインターフェースから、宛先の IP を ping します。以下に例を示します。
    ~]# ping -I bond0 DSTADDR
  2. どのインターフェースが active モードになっているかを表示します。
    ~]# cat /sys/class/net/bond0/bonding/active_slave
    enp1s0
    enp1s0アクティブ なポートインターフェースです。
  3. アクティブな ポートインターフェースを停止するように設定します。
    ~]# ip link set enp1s0 down
  4. バックアップ インターフェースが起動しているかどうかを確認します。
    ~]# cat /sys/class/net/bond0/bonding/active_slave
    enp2s0
    enp2s0アクティブな ポートインターフェースになりました。
  5. ボンドインターフェースから、宛先の IP を ping できるかどうかを確認します。
    ~]# ping -I bond0 DSTADDR