5.6. PPP (ポイントツーポイント) セッティングの設定

認証方法
多くの場合、プロバイダーの PPP サーバーは許可されたすべての認証方法をサポートしています。接続に失敗する場合は、PPP サーバーの設定に応じて一部の認証方法のサポートを無効にする必要があります。
MPPE (ポイントツーポイント暗号化) を使用
Microsoft のポイントツーポイント暗号化プロトコル (RFC 3078)。
BSD データ圧縮を許可する
PPP BSD 圧縮プロトコル (RFC 1977)。
Deflate データ圧縮を許可する
PPP Deflate プロトコル (RFC 1979)。
TCP ヘッダー圧縮を使用
低スピードシリアルリンク用に TCP/IP ヘッダーを圧縮します (RFC 1144)。
PPP echo のパケットを送信
ループバックテスト用の LCP Echo 要求および Echo 応答コード (RFC 1661)。

注記

NetworkManager ではオプションとして PPP がサポートされるので、PPP セッティングを設定するには、事前に NetworkManager-ppp パッケージがインストールされている必要があります。