Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.7. ncat ユーティリティーを使用したデータの管理

ncat ネットワークユーティリティーは、Red Hat Enterprise Linux 7 の netcat に代わるものです。ncat は、信頼できるバックエンドツールで、他のアプリケーションやユーザーとネットワーク接続できるようにします。これはコマンドラインからデータを読み取り、書き込みを行い、通信に Transmission Control Protocol (TCP)、User Datagram Protocol (UDP)、Stream Control Transmission Protocol (SCTP)、Unix ソケットを使用します。ncat は、IPv4 および IPv6 の両方を処理し、オープン接続の作成、ポートスキャンの実行、SSL などの高度な機能、接続ブローカーをサポートします。
同じオプションを使用して、nc コマンドも ncat として入力できます。ncat オプションの詳細は、『移行計画ガイド』の「新しいネットワーキングユーティリティー (ncat)」 および 『ncat(1)』 man ページを参照してください。

ncat のインストール

ncat パッケージをインストールするには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# yum install ncat

ncat ユースケースの簡単な例

例1.1 クライアントとサーバーとの間の通信の有効化

  1. TCP ポート 8080 で接続をリッスンするように、クライアントマシンを設定します。
    ~]$ ncat -l 8080
  2. サーバーマシンで、クライアントの IP アドレスを指定し、同じポート番号を使用します。
    ~]$ ncat 10.0.11.60 8080
    接続のいずれの側でもメッセージを送信でき、ローカルマシンとリモートマシンの両方に表示されます。
  3. Ctrl+D を押して、TCP 接続を閉じます。
注記
UDP ポートを確認するには、同じ nc コマンドに –u オプションを使用します。以下に例を示します。
~]$ ncat -u -l 8080

例1.2 ファイルの送信

前の例で説明したように情報を画面に表示するのではなく、すべての情報をファイルに送信できます。たとえば、TCP ポート 8080 を介してクライアントからサーバーにファイルを送信するには、次の手順を実行します。
  1. クライアントマシンで、ファイルをサーバーマシンに転送する特定のポートをリッスンするには、次のコマンドを実行します。
    ~]$  ncat -l 8080 > outputfile
  2. サーバーマシンで、クライアントの IP アドレス、ポート、および転送するファイルを指定します。
    ~]$  ncat -l 10.0.11.60 8080 < inputfile
ファイルが転送されると、接続は自動的に閉じます。
注記
他の対象にファイルを転送することもできます。
~]$  ncat -l 8080 < inputfile
~]$  ncat -l 10.0.11.60 8080 > outputfile

例1.3 HTTP プロキシーサーバーの作成

localhost ポート 8080 に HTTP プロキシーサーバーを作成するには、以下を実行します。
~]$  ncat -l --proxy-type http localhost 8080 

例1.4 ポートのスキャン

開いているポートを確認するには、–z オプションを使用して、スキャンするポートの範囲を指定します。
~]$  ncat -z 10.0.11.60 80-90
    Connection to 192.168.0.1 80 port [tcp/http] succeeded!

例1.5 SSL を使用した安全なクライアントサーバー通信の設定

サーバーに SSL を設定します。
~]$ ncat -e /bin/bash -k -l 8080 --ssl
クライアントマシンで、次のコマンドを実行します。
~]$ ncat --ssl 10.0.11.60 8080 
注記
SSL 接続で真の機密性を保証するには、サーバーでは --ssl-cert オプションおよび --ssl-key オプションが、またクライアントでは --ssl-verify オプションおよび --ssl-trustfile オプションが必要となります。OpenSSL の詳細は、『セキュリティーガイド』の 「OpenSSL の使用」を参照してください。
その他の例は、『ncat(1)』 の man ページを参照してください。