4.2. nmcli を使った静的ルートの設定

nmcli ツールを使用して静的ルートを設定するには、以下のいずれかを使用します。
  • nmcli コマンドライン
  • nmcli インタラクティブ接続エディター

例4.1 nmcli を使った静的ルートの設定

コマンドラインを使用して、既存のイーサネット接続に静的ルートを設定するには、以下のコマンドを実行します。
~]# nmcli connection modify eth0 +ipv4.routes "192.168.122.0/24 10.10.10.1"
これで 192.168.122.0/24 サブネットへのトラフィックが 10.10.10.1 のゲートウェイに向けられます。

例4.2 nmcli をエディター使用した静的ルートの設定

インタラクティブエディターを使用したイーサネット接続に静的ルートを設定するには、以下のコマンドを実行します。
~]$ nmcli con edit type ethernet con-name ens3

===| nmcli interactive connection editor |===

Adding a new '802-3-ethernet' connection

Type 'help' or '?' for available commands.
Type 'describe [>setting<.>prop<]' for detailed property description.

You may edit the following settings: connection, 802-3-ethernet (ethernet), 802-1x, ipv4, ipv6, dcb
nmcli> set ipv4.routes 192.168.122.0/24 10.10.10.1
nmcli>
nmcli> save persistent
Saving the connection with 'autoconnect=yes'. That might result in an immediate activation of the connection.
Do you still want to save? [yes] yes
Connection 'ens3' (704a5666-8cbd-4d89-b5f9-fa65a3dbc916) successfully saved.
nmcli> quit
~]$