Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.2. nmtui を使用した IP ネットワークの設定

システム管理者は、NetworkManager ツール nmtui を使用してネットワークインターフェースを設定できます。「NetworkManager のツール」 を参照してください。
この手順は、テキスト形式のユーザーインターフェースツール nmtui を使用してネットワークを設定する方法を説明します。
前提条件
  • 端末ウィンドウで nmtui ツールが使用されている。NetworkManager-tui パッケージに含まれていますが、デフォルトで NetworkManager とともにインストールされるわけではありません。NetworkManager-tui をインストールするには、以下を実行します。
    ~]# yum install NetworkManager-tui
  • NetworkManager が実行していることを確認するには、を参照してください 「NetworkManager のステータスの確認」
手順
  1. nmtui ツールを起動します。
    ~]$ nmtui
    テキストユーザーインターフェースが表示されます。

    図3.1 NetworkManager のテキスト形式ユーザーインターフェースの開始メニュー

    NetworkManager のテキスト形式ユーザーインターフェースの開始メニュー
  2. 移動するには矢印キーを使用するか、Tab を押して次に進むか、Shift+Tab を押して前に戻ります。Enter を押してオプションを選択します。Space バーは、チェックボックスのステータスを切り替えます。
すでにアクティブな接続に加えた変更を適用するには、接続を再アクティブすることが必要です。この場合は、以下の手順を実施します。
手順
  1. Activate a connection メニューエントリーを選択します。

    図3.2 接続のアクティブ化

    接続のアクティブ化
  2. 修正した接続を選択します。右側の Deactivate ボタンをクリックします。

    図3.3 修正した接続の非アクティブ化

    修正した接続の非アクティブ化
  3. 接続を再度選択し、Activate ボタンをクリックします。

    図3.4 修正した接続の再アクティブ化

    修正した接続の再アクティブ化
以下のコマンドも利用できます。
  • nmtui edit connection-name
    接続名を指定していないと、選択メニューが表示されます。接続名を指定して適切に認識されると、関連する 接続の編集 画面が表示されます。
  • nmtui connect connection-name
    接続名を指定していないと、選択メニューが表示されます。接続名を指定して正しく特定されると、関連する接続がアクティブになります。無効なコマンドがあると、使用方法に関するメッセージが表示されます。
nmtui は、すべての種類の接続をサポートしているわけではない点に注意してください。特に、VPN、WPA Enterprise を使用したワイヤレスネットワーク接続、802.1X を使用したイーサネット接続は編集できません。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。