Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第7章 Web UI を使用した基本的なオーバークラウドの設定

本章では、Web UI を使用した OpenStack Platform 環境の基本的な設定手順を説明します。基本設定のオーバークラウドには、カスタム機能は含まれません。ただし、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』に記載の手順に従って、この基本的なオーバークラウドに高度な設定オプションを追加し、仕様に合わせてカスタマイズすることができます。

本章の例では、すべてのノードが電源管理に IPMI を使用したベアメタルシステムとなっています。これ以外のサポート対象電源管理ドライバーおよびそのオプションに関する詳細は、「付録B 電源管理ドライバー」を参照してください。

ワークフロー

  1. ノードの定義テンプレートと手動の登録を使用して、空のノードを登録します。
  2. 全ノードのハードウェアを検査します。
  3. director にオーバークラウドプランをアップロードします。
  4. ノードをロールに割り当てます。

要件

  • 4章アンダークラウドのインストール」で作成して UI を有効化した director ノード
  • ノードに使用するベアメタルマシンのセット。必要なノード数は、作成予定のオーバークラウドのタイプにより異なります (オーバークラウドロールに関する情報は「ノードのデプロイメントロールのプランニング」を参照してください)。これらのマシンは、各ノード種別に設定された要件に従う必要があります。これらの要件については、「オーバークラウドの要件」を参照してください。これらのノードにはオペレーティングシステムは必要ありません。director が Red Hat Enterprise Linux 7 のイメージを各ノードにコピーします。
  • ネイティブ VLAN として設定したプロビジョニングネットワーク用のネットワーク接続 1 つ。全ノードは、このネイティブに接続して、「ネットワーク要件」で設定した要件に準拠する必要があります。
  • その他のネットワーク種別はすべて、OpenStack サービスにプロビジョニングネットワークを使用します。ただし、ネットワークトラフィックの他のタイプに追加でネットワークを作成することができます。
重要

マルチアーキテクチャークラウドを有効にする場合には、UI ワークフローはサポートされません。「6章CLI ツールを使用した基本的なオーバークラウドの設定」に記載の手順に従ってください。

7.1. Web UI へのアクセス

director の Web UI には SSL 経由でアクセスします。たとえば、アンダークラウドの IP アドレスが 192.168.24.1 の場合には、UI にアクセスするためのアドレスは https://192.168.24.1 です。Web UI はまず、以下のフィールドが含まれるログイン画面を表示します。

  • Username: director の管理ユーザー。デフォルトは admin です。
  • Password: 管理ユーザーのパスワード。アンダークラウドホストのターミナルで stack ユーザーとして sudo hiera admin_password を実行してパスワードを確認してください。

UI へのログイン時に、UI は OpenStack Identity のパブリック API にアクセスして、他のパブリック API サービスのエンドポイントを取得します。これらのサービスには、以下が含まれます。

コンポーネントUI の目的

OpenStack Identity (keystone)

UI への認証と他のサービスのエンドポイント検出

OpenStack Orchestration (heat)

デプロイメントのステータス

OpenStack Bare Metal (ironic)

ノードの制御

OpenStack Object Storage (swift)

Heat テンプレートコレクションまたはオーバークラウドの作成に使用したプランのストレージ

OpenStack Workflow (mistral)

director タスクのアクセスおよび実行

OpenStack Messaging (zaqar)

特定のタスクのステータスを検索する Websocket ベースのサービス