Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

8.2. ノードのオペレーティングシステムの登録

それぞれのノードには、Red Hat サブスクリプションへのアクセスが必要です。

重要

スタンドアロンの Ceph ノードは例外で、Red Hat OpenStack Platform サブスクリプションは必要ありません。スタンドアロンの Ceph ノードの場合には、director に最新の ansible パッケージをインストールする必要があります。Red Hat OpenStack Platform に対応したデプロイメントツールを取得するには、アクティブな Red Hat OpenStack Platform サブスクリプションがないすべての Ceph ノードで rhel-7-server-openstack-13-deployment-tools-rpms リポジトリーを有効にすることが必須要件です。

以下の手順は、各ノードを Red Hat コンテンツ配信ネットワークに登録する方法を説明しています。各ノードで以下の手順を実行してください。

  1. 登録コマンドを実行して、プロンプトが表示されたらカスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager register
  2. Red Hat OpenStack Platform 13 のエンタイトルメントプールを検索します。

    [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager list --available --all --matches="Red Hat OpenStack"
  3. 上記のステップで特定したプール ID を使用して、Red Hat OpenStack Platform 13 のエンタイトルメントをアタッチします。

    [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager attach --pool=pool_id
  4. デフォルトのリポジトリーをすべて無効にします。

    [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager repos --disable=*
  5. 必要な Red Hat Enterprise Linux リポジトリーを有効にします。

    1. x86_64 システムの場合には、以下のコマンドを実行します。

      [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rpms --enable=rhel-7-server-extras-rpms --enable=rhel-7-server-rh-common-rpms --enable=rhel-ha-for-rhel-7-server-rpms --enable=rhel-7-server-openstack-13-rpms --enable=rhel-7-server-rhceph-3-osd-rpms --enable=rhel-7-server-rhceph-3-mon-rpms --enable=rhel-7-server-rhceph-3-tools-rpms
    2. POWER システムの場合には、以下のコマンドを実行します。

      [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager repos --enable=rhel-7-for-power-le-rpms --enable=rhel-7-server-openstack-13-for-power-le-rpms
    重要

    「リポジトリーの要件」でリストしたリポジトリーのみを有効にします。追加のリポジトリーを使用すると、パッケージとソフトウェアの競合が発生する場合があります。他のリポジトリーは有効にしないでください。

  6. システムを更新して、ベースシステムのパッケージを最新の状態にします。

    [root@controller-0 ~]# sudo yum update -y
    [root@controller-0 ~]# sudo reboot

このノードをオーバークラウドに使用する準備ができました。