Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第4章 アンダークラウドのインストール

Red Hat OpenStack Platform 環境の構築では、最初にアンダークラウドシステムに director をインストールします。これには、必要なサブスクリプションやリポジトリーを有効化するために複数の手順を実行する必要があります。

4.1. プロキシーを使用してアンダークラウドを実行する際の考慮事項

ご自分の環境でプロキシーを使用している場合は、以下の考慮事項を確認して、Red Hat OpenStack Platform の一部とプロキシーを統合する際のさまざまな設定手法、およびそれぞれの手法の制限事項を十分に理解するようにしてください。

システム全体のプロキシー設定

アンダークラウド上のすべてのネットワークトラフィックに対してプロキシー通信を設定するには、この手法を使用します。プロキシー設定を定義するには、/etc/environment ファイルを編集して以下の環境変数を設定します。

http_proxy
標準の HTTP リクエストに使用するプロキシー
https_proxy
HTTPs リクエストに使用するプロキシー
no_proxy
プロキシー通信から除外するドメインのコンマ区切りリスト

システム全体のプロキシー手法には、以下の制限事項があります。

dnf プロキシー設定

すべてのトラフィックがプロキシーを通過するように dnf を設定するには、この手法を使用します。プロキシー設定を定義するには、/etc/dnf/dnf.conf ファイルを編集して以下のパラメーターを設定します。

proxy
プロキシーサーバーの URL
proxy_username
プロキシーサーバーへの接続に使用するユーザー名
proxy_password
プロキシーサーバーへの接続に使用するパスワード
proxy_auth_method
プロキシーサーバーが使用する認証方法

これらのオプションの詳細については、man dnf.conf を実行してください。

dnf プロキシー手法には、以下の制限事項があります。

  • この手法では、dnf に対してのみプロキシーがサポートされます。
  • dnf プロキシー手法には、特定のホストをプロキシー通信から除外するオプションは含まれていません。

Red Hat Subscription Manager プロキシー

すべてのトラフィックがプロキシーを通過するように Red Hat Subscription Manager を設定するには、この手法を使用します。プロキシー設定を定義するには、/etc/rhsm/rhsm.conf ファイルを編集して以下のパラメーターを設定します。

proxy_hostname
プロキシーのホスト
proxy_scheme
プロキシーをリポジトリー定義に書き出す際のプロキシーのスキーム
proxy_port
プロキシーのポート
proxy_username
プロキシーサーバーへの接続に使用するユーザー名
proxy_password
プロキシーサーバーへの接続に使用するパスワード
no_proxy
プロキシー通信から除外する特定ホストのホスト名サフィックスのコンマ区切りリスト

これらのオプションの詳細については、man rhsm.conf を実行してください。

Red Hat Subscription Manager プロキシー手法には、以下の制限事項があります。

  • この手法では、Red Hat Subscription Manager に対してのみプロキシーがサポートされます。
  • Red Hat Subscription Manager プロキシー設定の値は、システム全体の環境変数に設定されたすべての値をオーバーライドします。

透過プロキシー

アプリケーション層のトラフィックを管理するのにネットワークで透過プロキシーが使用される場合は、プロキシー管理が自動的に行われるため、アンダークラウド自体をプロキシーと対話するように設定する必要はありません。透過プロキシーは、Red Hat OpenStack Platform のクライアントベースのプロキシー設定に関連する制限に対処するのに役立ちます。