Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.14. オーバークラウドのテンプレートおよびプランの検証

オーバークラウドの作成またはスタックの更新を実行する前に、Heat テンプレートと環境ファイルにエラーがないかどうかを検証します。

レンダリングされたテンプレートの作成

オーバークラウドのコア Heat テンプレートは、Jinja2 形式となっています。テンプレートを検証するには、以下のコマンドを使用して Jinja 2 のフォーマットなしでバージョンをレンダリングします。

(undercloud) $ openstack overcloud plan create --templates /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates overcloud-validation
(undercloud) $ mkdir ~/overcloud-validation
(undercloud) $ cd ~/overcloud-validation
(undercloud) $ openstack container save overcloud-validation

その後の検証テストには ~/overcloud-validation のレンダリング済みテンプレートを使用します。

テンプレート構文の検証

以下のコマンドを使用して、テンプレート構文を検証します。

(undercloud) $ openstack orchestration template validate --show-nested --template ~/overcloud-validation/overcloud.yaml -e ~/overcloud-validation/overcloud-resource-registry-puppet.yaml -e [ENVIRONMENT FILE] -e [ENVIRONMENT FILE]
注記

検証には、overcloud-resource-registry-puppet.yaml の環境ファイルにオーバークラウド固有のリソースを含める必要があります。環境ファイルをさらに追加するには、このコマンドに -e オプションを使用してください。また、--show-nested オプションを追加して、ネストされたテンプレートからパラメーターを解決します。

このコマンドは、テンプレート内の構文エラーを特定します。テンプレートの構文の検証が正常に行われた場合には、出力には、作成されるオーバークラウドのテンプレートのプレビューが表示されます。