Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

14.5. コンピュートノードのリブート

コンピュートノードをリブートするには、以下のワークフローを実施します。

  • リブートするコンピュートノードを選択して無効にし、新規インスタンスをプロビジョニングしないようにする。
  • インスタンスのダウンタイムを最小限に抑えるために、インスタンスを別のコンピュートノードに移行する。
  • 空のコンピュートノードをリブートして有効にする。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. リブートするコンピュートノードの UUID を特定するには、全コンピュートノードを一覧表示します。

    $ source ~/stackrc
    (undercloud) $ openstack server list --name compute
  3. オーバークラウドから、コンピュートノードを選択し、そのノードを無効にします。

    $ source ~/overcloudrc
    (overcloud) $ openstack compute service list
    (overcloud) $ openstack compute service set <hostname> nova-compute --disable
  4. コンピュートノード上の全インスタンスを一覧表示します。

    (overcloud) $ openstack server list --host <hostname> --all-projects
  5. インスタンスを移行します。移行計画についての詳細は、『インスタンス&イメージガイド』の「コンピュートノード間の仮想マシンインスタンスの移行」を参照してください。
  6. コンピュートノードにログインして、リブートします。

    [heat-admin@overcloud-compute-0 ~]$ sudo reboot
  7. ノードがブートするまで待ちます。
  8. コンピュートノードを有効にします。

    $ source ~/overcloudrc
    (overcloud) $ openstack compute service set <hostname> nova-compute --enable
  9. コンピュートノードが有効化されていることを確認します。

    (overcloud) $ openstack compute service list