Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

10.6. 手動での config-download の実行

/var/lib/mistral/ 内の各作業ディレクトリーには、ansible-playbook と直接対話するために必要な Playbook とスクリプトが含まれています。以下の手順では、これらのファイルとの対話方法について説明します。

手順

  1. 選択した Ansible Playbook のディレクトリーに移動します。

    $ cd /var/lib/mistral/<execution uuid>/

    <execution uuid> は、ansible-playbook を実行した Mistral の execution の UUID です。

  2. Mistral の作業ディレクトリーに移動したら、ansible-playbook-command.sh を実行して、デプロイメントを再現します。

    $ ./ansible-playbook-command.sh
  3. このスクリプトには、追加の Ansible 引数を渡すことができます。これにより、チェックモード (--check)、ホストの限定 (--limit)、変数のオーバーライド (-e) など、Ansible の機能を更に活用することが可能となります。以下に例を示します。

    $ ./ansible-playbook-command.sh --limit Controller
  4. 作業ディレクトリーには、オーバークラウドの設定を実行する deploy_steps_playbook.yaml という名前の Playbook が含まれています。この Playbook を表示するには、以下のコマンドを実行します。

    $ less deploy_steps_playbook.yaml

    Playbook は、作業ディレクトリーに含まれているさまざまなタスクファイルを使用します。タスクファイルには、OpenStack Platform の全ロールに共通するものと、特定の OpenStack Platform ロールおよびサーバー固有のものがあります。

  5. 作業ディレクトリーには、オーバークラウドの roles_data ファイルで定義されている各ロールに対応するサブディレクトリーも含まれます。以下に例を示します。

    $ ls Controller/

    各 OpenStack Platform ロールにディレクトリーには、そのロール種別の個々のサーバー用のサブディレクトリーも含まれます。これらのディレクトリーには、コンポーザブルロールのホスト名の形式を使用します。以下に例を示します。

    $ ls Controller/overcloud-controller-0
  6. Ansible のタスクはタグ付けられます。タグの全一覧を確認するには、ansible-playbook で CLI の引数 --list-tags を使用します。

    $ ansible-playbook -i tripleo-ansible-inventory.yaml --list-tags deploy_steps_playbook.yaml

    次に、ansible-playbook-command.sh スクリプトで --tags--skip-tags--start-at-task のいずれかを使用して、タグ付けした設定を適用します。以下に例を示します。

    $ ./ansible-playbook-command.sh --tags overcloud
警告

--tags--skip-tags--start-at-task などの ansible-playbook CLI 引数を使用する場合には、デプロイメントの設定は、間違った順序で実行したり適用したりしないでください。これらの CLI 引数は、以前に失敗したタスクを再度実行する場合や、初回のデプロイメントを繰り返す場合に便利な方法です。ただし、デプロイメントの一貫性を保証するには、deploy_steps_playbook.yaml の全タスクを順番どおりに実行する必要があります。