Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

4.5. アンダークラウドの登録と更新

前提条件

Director をインストールする前に、以下のタスクを完了してください。

  • Red Hat Subscription Manager を使用してアンダークラウドを登録する。
  • 関連するリポジトリーをサブスクライブして有効にする。
  • Red Hat Enterprise Linux パッケージの更新を実行する。

手順

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。要求されたら、カスタマーポータルのユーザー名およびパスワードを入力します。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager register
  2. Red Hat OpenStack Platform director のエンタイトルメントプール ID を検索します。以下に例を示します。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager list --available --all --matches="Red Hat OpenStack"
    Subscription Name:   Name of SKU
    Provides:            Red Hat Single Sign-On
                         Red Hat Enterprise Linux Workstation
                         Red Hat CloudForms
                         Red Hat OpenStack
                         Red Hat Software Collections (for RHEL Workstation)
                         Red Hat Virtualization
    SKU:                 SKU-Number
    Contract:            Contract-Number
    Pool ID:             Valid-Pool-Number-123456
    Provides Management: Yes
    Available:           1
    Suggested:           1
    Service Level:       Support-level
    Service Type:        Service-Type
    Subscription Type:   Sub-type
    Ends:                End-date
    System Type:         Physical
  3. Pool ID の値を特定して、Red Hat OpenStack Platform 13 のエンタイトルメントをアタッチします。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager attach --pool=Valid-Pool-Number-123456
  4. デフォルトのリポジトリーをすべて無効にしてから、必要な Red Hat Enterprise Linux リポジトリーを有効にします。これらのリポジトリーには、director のインストールに必要なパッケージが含まれます。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager repos --disable=*
    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rpms --enable=rhel-7-server-extras-rpms --enable=rhel-7-server-rh-common-rpms --enable=rhel-ha-for-rhel-7-server-rpms --enable=rhel-7-server-openstack-13-rpms --enable=rhel-7-server-rhceph-3-tools-rpms
    重要

    「リポジトリーの要件」に記載されたリポジトリーだけを有効にします。パッケージとソフトウェアの競合が発生する可能性があるため、他のリポジトリーは有効にしないでください。

  5. システムで更新を実行して、ベースシステムパッケージを最新の状態にします。

    [stack@director ~]$ sudo yum update -y
  6. システムをリブートします。

    [stack@director ~]$ sudo reboot

    システムは、director をインストールできる状態になりました。