Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

5.3. 追加のサービス用のコンテナーイメージ

director は、OpenStack Platform のコアサービス用のコンテナーイメージのみを作成します。一部の追加機能には、追加のコンテナーイメージを必要とするサービスが使われます。これらのサービスは、環境ファイルで有効化することができます。openstack overcloud container image prepare コマンドでは、以下のオプションを使用して環境ファイルと対応するコンテナーイメージを追加します。

-e
追加のコンテナーイメージを有効化するための環境ファイルを指定します。

以下の表は、コンテナーイメージを使用する追加のサービスのサンプル一覧とそれらの対応する環境ファイルがある /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates ディレクトリー内の場所をまとめています。

サービス環境ファイル

Ceph Storage

environments/ceph-ansible/ceph-ansible.yaml

Collectd

environments/services-docker/collectd.yaml

Congress

environments/services-docker/congress.yaml

Fluentd

environments/services-docker/fluentd.yaml

OpenStack Bare Metal (ironic)

environments/services-docker/ironic.yaml

OpenStack Data Processing (sahara)

environments/services-docker/sahara.yaml

OpenStack EC2-API

environments/services-docker/ec2-api.yaml

OpenStack Key Manager (barbican)

environments/services-docker/barbican.yaml

OpenStack Load Balancing-as-a-Service (octavia)

environments/services-docker/octavia.yaml

OpenStack Shared File System Storage (manila)

environments/manila-{backend-name}-config.yaml

注記: 詳細は、「OpenStack Shared File System (manila)」を参照してください。

Open Virtual Network (OVN)

environments/services-docker/neutron-ovn-dvr-ha.yaml

Sensu

environments/services-docker/sensu-client.yaml

以下の項には、追加するサービスの例を記載します。

Ceph Storage

Red Hat Ceph Storage クラスターをオーバークラウドでデプロイする場合には、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible.yaml 環境ファイルを追加する必要があります。このファイルは、オーバークラウドで、コンテナー化されたコンポーザブルサービスを有効化します。director は、これらのサービスが有効化されていることを確認した上で、それらのイメージを準備する必要があります。

この環境ファイルに加えて、Ceph Storage コンテナーの場所を定義する必要があります。これは、OpenStack Platform サービスの場所とは異なります。--set オプションを使用して、以下の Ceph Storage 固有のパラメーターを設定してください。

--set ceph_namespace
Ceph Storage コンテナーイメージ用の名前空間を定義します。これは、--namespace オプションと同様に機能します。
--set ceph_image
Ceph Storage コンテナーイメージの名前を定義します。通常は rhceph-3-rhel7 という名前です。
--set ceph_tag
Ceph Storage コンテナーイメージに使用するタグを定義します。これは、--tag オプションと同じように機能します。--tag-from-label が指定されている場合には、バージョンタグはこのタグから検出が開始されます。

以下のスニペットは、コンテナーイメージファイル内に Ceph Storage が含まれている例です。

$ openstack overcloud container image prepare \
  ...
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible.yaml \
  --set ceph_namespace=registry.access.redhat.com/rhceph \
  --set ceph_image=rhceph-3-rhel7 \
  --tag-from-label {version}-{release} \
  ...

OpenStack Bare Metal (ironic)

オーバークラウドで OpenStack Bare Metal (ironic) をデプロイする場合には、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/ironic.yaml 環境ファイルを追加して、director がイメージを準備できるようにする必要があります。以下のスニペットは、この環境ファイルの追加方法の例を示しています。

$ openstack overcloud container image prepare \
  ...
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/ironic.yaml \
  ...

OpenStack Data Processing (sahara)

オーバークラウドで OpenStack Data Processing (sahara) をデプロイする場合には、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/sahara.yaml 環境ファイルを追加して、director がイメージを準備できるようにする必要があります。以下のスニペットは、この環境ファイルの追加方法の例を示しています。

$ openstack overcloud container image prepare \
  ...
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/sahara.yaml \
  ...

OpenStack Neutron SR-IOV

オーバークラウドで OpenStack Neutron SR-IOV をデプロイする場合には、director がイメージを準備できるように /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/neutron-sriov.yaml 環境ファイルを追加します。デフォルトの Controller ロールおよび Compute ロールは SR-IOV サービスをサポートしないため、-r オプションを使用して SR-IOV サービスが含まれるカスタムロールファイルも追加する必要があります。以下のスニペットは、この環境ファイルの追加方法の例を示しています。

$ openstack overcloud container image prepare \
  ...
  -r ~/custom_roles_data.yaml
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/neutron-sriov.yaml \
  ...

OpenStack Load Balancing-as-a-Service (octavia)

オーバークラウドで OpenStack Load Balancing-as-a-Service をデプロイする場合には、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/octavia.yaml 環境ファイルを追加して、director がイメージを準備できるようにします。以下のスニペットは、この環境ファイルの追加方法の例を示しています。

$ openstack overcloud container image prepare \
  ...
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/octavia.yaml
\
  ...

OpenStack Shared File System (manila)

manila-{backend-name}-config.yaml のフォーマットを使用してサポート対象のバックエンドを選択し、そのバックエンドを用いて Shared File System をデプロイすることができます。以下の環境ファイルから任意のファイルを追加して、Shared File System サービスのコンテナーを準備することができます。

  environments/manila-isilon-config.yaml
  environments/manila-netapp-config.yaml
  environments/manila-vmax-config.yaml
  environments/manila-cephfsnative-config.yaml
  environments/manila-cephfsganesha-config.yaml
  environments/manila-unity-config.yaml
  environments/manila-vnx-config.yaml

環境ファイルのカスタマイズおよびデプロイに関する詳細は、以下の資料を参照してください。