Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

13.5. コントローラーノードの再利用

障害が発生したコントローラーノードを再利用して、新規ノードとして再デプロイすることができます。置き換えるための追加のノードがない場合は、この方法を使用します。

手順

  1. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  2. 障害が発生したノードをオーバークラウドから割り当て解除します。

    $ openstack baremetal node undeploy <FAILED_NODE>

    <FAILED_NODE> を障害のあるノードの UUID に置き換えます。このコマンドにより、OpenStack Bare Metal(ironic)内のノードが OpenStack Compute(nova)のオーバークラウドサーバーからの関連付けを解除します。ノードのクリーニングを有効にしている場合には、このコマンドにより、ノードのディスクからファイルシステムも削除されます。

  3. 新規ノードを control プロファイルにタグ付けします。

    (undercloud) $ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:control,boot_option:local' <FAILED NODE>
  4. 障害の発生したディスクが原因でコントローラーノードに障害が発生した場合に、この時点でディスクを置き換え、ノードでイントロスペクションを実施して、新規ディスクからイントロスペクションデータをリフレッシュすることができます。

    $ openstack baremetal node manage <FAILED NODE>
    $ openstack overcloud node introspect --all-manageable --provide

これで、障害が発生したノードが交換および再デプロイする準備が整いました。ノードの置き換えを実行すると、障害が発生したノードは新規ノードとして機能し、増加したインデックスを使用します。たとえば、コントロールプレーンクラスターに overcloud-controller-0、overcloud-controller- 1、overcloud-controller- 2 が含まれており、overcloud- controller -1 を新規ノードとして再利用する場合、新規ノード名は overcloud-controller-3 になります。