Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

C.3. ディスクレイアウトのカスタマイズ

デフォルトでは、セキュリティーが強化されたイメージのサイズは 20 GB で、事前定義されたパーティショニングサイズを使用します。ただし、オーバークラウドのコンテナーイメージを収容するには、パーティショニングレイアウトを若干変更する必要があります。以下のセクションでは、イメージのサイズを 40 GB に増やしています。ご自分のニーズに合わせて、さらにパーティショニングレイアウトやディスクのサイズを変更することができます。

パーティションレイアウトとディスクサイズを変更するには、以下の手順に従ってください。

  • DIB_BLOCK_DEVICE_CONFIG 環境変数を使用してパーティショニングスキーマを変更します。
  • DIB_IMAGE_SIZE 環境変数を更新して、イメージのグローバルサイズを変更します。

C.3.1. パーティショニングスキーマの変更

パーティショニングスキーマを編集して、パーティショニングサイズを変更したり、新規パーティションの作成や既存のパーティションの削除を行うことができます。新規パーティショニングスキーマは以下の環境変数で定義することができます。

$ export DIB_BLOCK_DEVICE_CONFIG='<yaml_schema_with_partitions>'

以下の YAML 構成は、オーバークラウドのコンテナーイメージをプルするのに十分なスペースを提供する、論理ボリュームの変更後のパーティションレイアウトを示しています。

export DIB_BLOCK_DEVICE_CONFIG='''
- local_loop:
    name: image0
- partitioning:
    base: image0
    label: mbr
    partitions:
      - name: root
        flags: [ boot,primary ]
        size: 40G
- lvm:
    name: lvm
    base: [ root ]
    pvs:
        - name: pv
          base: root
          options: [ "--force" ]
    vgs:
        - name: vg
          base: [ "pv" ]
          options: [ "--force" ]
    lvs:
        - name: lv_root
          base: vg
          extents: 23%VG
        - name: lv_tmp
          base: vg
          extents: 4%VG
        - name: lv_var
          base: vg
          extents: 45%VG
        - name: lv_log
          base: vg
          extents: 23%VG
        - name: lv_audit
          base: vg
          extents: 4%VG
        - name: lv_home
          base: vg
          extents: 1%VG
- mkfs:
    name: fs_root
    base: lv_root
    type: xfs
    label: "img-rootfs"
    mount:
        mount_point: /
        fstab:
            options: "rw,relatime"
            fsck-passno: 1
- mkfs:
    name: fs_tmp
    base: lv_tmp
    type: xfs
    mount:
        mount_point: /tmp
        fstab:
            options: "rw,nosuid,nodev,noexec,relatime"
            fsck-passno: 2
- mkfs:
    name: fs_var
    base: lv_var
    type: xfs
    mount:
        mount_point: /var
        fstab:
            options: "rw,relatime"
            fsck-passno: 2
- mkfs:
    name: fs_log
    base: lv_log
    type: xfs
    mount:
        mount_point: /var/log
        fstab:
            options: "rw,relatime"
            fsck-passno: 3
- mkfs:
    name: fs_audit
    base: lv_audit
    type: xfs
    mount:
        mount_point: /var/log/audit
        fstab:
            options: "rw,relatime"
            fsck-passno: 4
- mkfs:
    name: fs_home
    base: lv_home
    type: xfs
    mount:
        mount_point: /home
        fstab:
            options: "rw,nodev,relatime"
            fsck-passno: 2
'''

サンプルの YAML コンテンツをイメージのパーティションスキーマのベースとして使用します。パーティションサイズとレイアウトを必要に応じて変更します。

注記

パーティションサイズはデプロイメント後には 変更できない ので、イメージ用に正しいパーティションサイズを定義してください。