Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

付録D 代替ブートモード

ノードのデフォルトブートモードは、iPXE を使用した BIOS です。以下の項では、ノードのプロビジョニングおよび検査の際に director が使用する代替ブートモードについて説明します。

D.1. 標準の PXE

iPXE ブートプロセスは、HTTP を使用してイントロスペクションおよびデプロイメントのイメージをブートします。旧システムは、TFTP を介してブートする標準の PXE ブートのみをサポートしている場合があります。

iPXE から PXE に変更するには、director ホスト上の undercloud.conf ファイルを編集して、ipxe_enabledFalse に設定します。

ipxe_enabled = False

このファイルを保存して、アンダークラウドのインストールを実行します。

$ openstack undercloud install

このプロセスに関する詳しい情報は、「Changing from iPXE to PXE in Red Hat OpenStack Platform director」のアーティクルを参照してください。