Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

15.4. オーバークラウドの作成に関するトラブルシューティング

デプロイメントが失敗する可能性のあるレイヤーは 3 つあります。

  • オーケストレーション (Heat および Nova サービス)
  • ベアメタルプロビジョニング (Ironic サービス)
  • デプロイメント後の設定 (Puppet)

オーバークラウドのデプロイメントがこれらのレベルのいずれかで失敗した場合には、OpenStack クライアントおよびサービスログファイルを使用して、失敗したデプロイメントの診断を行います。以下のコマンドを実行して、エラーの詳細を表示することもできます。

$ openstack stack failures list <OVERCLOUD_NAME> --long

<OVERCLOUD_NAME> を実際のオーバークラウドの名前に置き換えてください。

注記

最初のオーバークラウドの作成に失敗した場合は、openstack stack delete overcloud コマンドを使用して部分的にデプロイされたオーバークラウドを削除し、再試行できます。これらの最初のオーバークラウドの作成が失敗した場合にのみ、このコマンドを実行してください。このコマンドは、完全にデプロイされて稼働中のオーバークラウドでは実行しないでください。そうしないと、オーバークラウド全体が削除されます。

15.4.1. デプロイメントコマンド履歴へのアクセス

director のデプロイメントコマンドおよび引数の履歴を把握することは、トラブルシューティングおよびサポートに役立ちます。/home/stack/.tripleo/history で、これらの情報を確認することができます。