Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

付録A SSL/TLS 証明書の設定

アンダークラウドがパブリックエンドポイントの通信に SSL/TLS を使用するように設定できます。ただし、独自の認証局で発行した SSL 証明書を使用する場合には、その証明書には以下の項に記載する設定のステップが必要です。

注記

オーバークラウドの SSL/TLS 証明書作成については、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』「オーバークラウドのパブリックエンドポイントでの SSL/TLS の有効化」を参照してください。

A.1. 署名ホストの初期化

署名ホストとは、新規証明書を生成し、認証局を使用して署名するホストです。選択した署名ホスト上で SSL 証明書を作成したことがない場合には、ホストを初期化して新規証明書に署名できるようにする必要がある可能性があります。

/etc/pki/CA/index.txt ファイルは、すべての署名済み証明書の記録を保管します。このファイルが存在しているかどうかを確認してください。存在していない場合には、空のファイルを作成します。

$ sudo touch /etc/pki/CA/index.txt

/etc/pki/CA/serial ファイルは、次に署名する証明書に使用する次のシリアル番号を特定します。このファイルが存在しているかどうかを確認してください。ファイルが存在しない場合には、新規ファイルを作成して新しい開始値を指定します。

$ echo '1000' | sudo tee /etc/pki/CA/serial